[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース無機化学

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  3. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

    マシュー・P・ショアーズ(Matthew P. Shores、19xx年x月x日-)は、アメリカの無…

  4. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  5. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

    クリストファー・J・チャン(Christopher J. Chang, 1974年x月x日(Ames…

  6. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  7. 水島 公一 Koichi Mizushima

  8. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

  9. トーマス・トーレス Tomas Torres

  10. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

  11. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

  12. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  13. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

  14. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  15. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  16. 劉 龍 Ryong Ryoo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 書物から学ぶ有機化学4
  2. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman
  3. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  4. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  5. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  6. ケムステスタッフ徹底紹介!
  7. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP