[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース無機化学

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

    マシュー・P・ショアーズ(Matthew P. Shores、19xx年x月x日-)は、アメリカの無機化学者である。 コロラド州立大学 准教授。(引用:Colorado State University) (さらに…)…

  2. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  3. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

    クリストファー・J・チャン(Christopher J. Chang, 1974年x月x日(Ames…

  4. Thomas R. Ward トーマス・ワード

    トーマス-ワード(Thomas R. Ward、1964年1月8日生)は、スイスの生物無機化学者であ…

  5. 水島 公一 Koichi Mizushima

    水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサーチ…

  6. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

  7. トーマス・トーレス Tomas Torres

  8. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

  9. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

  10. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  11. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

  12. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  13. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  14. 劉 龍 Ryong Ryoo

  15. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  16. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授
  2. GRE Chemistry
  3. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  4. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  5. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  6. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP