[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース無機化学

  1. ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

    Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化学者である。専門は無機材料化学、および有機-無機ハイブリット材料化学。北海道大学助教。経歴2011年      University…

  2. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする…

  3. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

    陰山 洋(KAGEYAMA Hiroshi, 1969年4月16日 - )は、日本の固体化学者である…

  4. 高橋 雅英 Takahashi Masahide

    高橋 雅英(Takahashi Masahide, 1967年12月8日 - )は、日本の材料科学者…

  5. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi

    下嶋 敦(Shimojima Atsushi, 1973年 - )は、日本の化学者である。専門は無機…

  6. 中西 和樹 Nakanishi Kazuki

  7. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

  8. 荘司 長三 Osami Shoji

  9. 加藤 昌子 Kato Masako

  10. 八木 政行 Masayuki Yagi

  11. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  12. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  13. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  14. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  15. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  16. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  2. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)
  3. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  4. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  5. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  6. ChemTile GameとSpectral Game
  7. 【書籍】液晶の歴史

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

PAGE TOP