[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース無機化学

  1. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

    チャールズ・T・クリスギ (Charles T. Kresge、1954年5月9日-)は、米国の無機化学者である。サウジ・アラムコ社最高技術責任者(CTO)。経歴1975 Swarthmore College卒業…

  2. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

    渡辺芳人 (わたなべ よしひと、1953年x月xx日-)は、日本の生物無機化学者…

  3. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  4. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

    マイケル・スタンリー・ウィッティンガム (Michael Stanley Whittingham、1…

  5. 吉野 彰 Akira Yoshino

    吉野彰 (よしの あきら、1948年1月30日-)は日本の化学者である。旭化成フェロー(写真:朝日新…

  6. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

  7. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

  8. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida

  9. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

  10. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

  11. リチャード・ホルム Richard H. Holm

  12. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  13. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.

  14. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  15. クリス・クミンス Christopher C. Cummins

  16. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 本多 健一 Kenichi Honda
  2. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  3. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  4. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  6. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  7. サリチル酸 (salicylic acid)

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP