[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中皮腫治療薬を優先審査へ

アリムタアスベスト(石綿)が原因と考えられている悪性胸膜中皮腫の治療で、厚生労働省は19日までに、抗がん剤アリムタ(一般名ペメトレキセド)に薬事承認の「優先審査」を適用し、平均2年かかる国の審査を1年程度に短縮する方針を固めた。
 アスベストによる健康被害の拡大や、決め手となる治療法がないことを重視した。現在は輸入承認申請に必要なデータを取る臨床試験(治験)の段階で、申請は来年中の見通し。(引用:愛媛新聞

 今後数年間の悪性胸膜中皮腫の増加に伴う優先審査のニュースです。アリムタ(ALIMTA, pemetrexed)中皮腫(Mesothelioma)の治療薬です。金属製剤であるシスプラチンと併用すると効果があるそうです。


 優先審査は他に治療法が存在しない薬の審査を迅速化する目的でつくられたものです。日本では1993年から薬事法で規定されています。


関連書籍

Q&A これだけは知っておきたいアスベスト問題

超ダイジェスト 早わかり「アスベスト」



関連リンク


アリムタ



MLリソース:中皮腫(Mesothelioma)


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  2. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  3. 抗菌目薬あす発売 富山化学工業 国内初の小児適用
  4. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  5. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  6. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  7. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  8. 金よりも価値のある化学者の貢献

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モルヒネ morphine
  2. 外国人研究者あるある
  3. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  4. 大学入試のあれこれ ②
  5. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  6. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  7. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  8. プラスマイナスエーテル!?
  9. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  10. 5社とも増収 経常利益は過去最高

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP