[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中皮腫治療薬を優先審査へ

アリムタアスベスト(石綿)が原因と考えられている悪性胸膜中皮腫の治療で、厚生労働省は19日までに、抗がん剤アリムタ(一般名ペメトレキセド)に薬事承認の「優先審査」を適用し、平均2年かかる国の審査を1年程度に短縮する方針を固めた。
 アスベストによる健康被害の拡大や、決め手となる治療法がないことを重視した。現在は輸入承認申請に必要なデータを取る臨床試験(治験)の段階で、申請は来年中の見通し。(引用:愛媛新聞

 今後数年間の悪性胸膜中皮腫の増加に伴う優先審査のニュースです。アリムタ(ALIMTA, pemetrexed)中皮腫(Mesothelioma)の治療薬です。金属製剤であるシスプラチンと併用すると効果があるそうです。


 優先審査は他に治療法が存在しない薬の審査を迅速化する目的でつくられたものです。日本では1993年から薬事法で規定されています。


関連書籍

Q&A これだけは知っておきたいアスベスト問題

超ダイジェスト 早わかり「アスベスト」



関連リンク


アリムタ



MLリソース:中皮腫(Mesothelioma)


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  2. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  3. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  4. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  5. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  6. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  7. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  8. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  2. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  3. 日本化学会第85回春季年会
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  5. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  7. 相撲と化学の意外な関係(?)
  8. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  9. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  10. 化学のあるある誤変換

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP