[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中皮腫治療薬を優先審査へ

[スポンサーリンク]

アリムタアスベスト(石綿)が原因と考えられている悪性胸膜中皮腫の治療で、厚生労働省は19日までに、抗がん剤アリムタ(一般名ペメトレキセド)に薬事承認の「優先審査」を適用し、平均2年かかる国の審査を1年程度に短縮する方針を固めた。
 アスベストによる健康被害の拡大や、決め手となる治療法がないことを重視した。現在は輸入承認申請に必要なデータを取る臨床試験(治験)の段階で、申請は来年中の見通し。(引用:愛媛新聞

 今後数年間の悪性胸膜中皮腫の増加に伴う優先審査のニュースです。アリムタ(ALIMTA, pemetrexed)中皮腫(Mesothelioma)の治療薬です。金属製剤であるシスプラチンと併用すると効果があるそうです。


 優先審査は他に治療法が存在しない薬の審査を迅速化する目的でつくられたものです。日本では1993年から薬事法で規定されています。


関連書籍

Q&A これだけは知っておきたいアスベスト問題

超ダイジェスト 早わかり「アスベスト」



関連リンク


アリムタ



MLリソース:中皮腫(Mesothelioma)


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  2. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働き…
  3. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする…
  4. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019…
  5. ミドリムシが燃料を作る!? 石油由来の軽油を100%代替可能な次…
  6. 化学の楽しさに触れるセミナーが7月に開催
  7. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  8. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  2. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  3. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  4. デイヴィット・ベイカー David Baker
  5. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  6. ピンポン玉で分子模型
  7. 全合成 total synthesis
  8. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  9. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  10. 光学分割 / optical resolution

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP