[スポンサーリンク]

archives

DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛

Zn(SO2CF2H)2

ジフルオロメチル化試薬

DFMS(Bis(difluoromethylsulfonyl)zinc)は、ラジカルを経由して有機分子をジフルオロメチル化します。窒素を有する複雑な構造のヘテロアレーン類、Π共役系化合物およびチオール類など、様々な基質に適用できます。温和な反応条件、簡便な実験操作、高い化学選択性などの利点があり、スケールアップも可能です。

Reference: J. Am. Chem. Soc., 2012, 134(2), 1494. DOI: 10.1021/ja214222g

なお、本試薬はAldrichから正式に試薬販売されるまでの間、AldrichCPR 製品として供給しています。

 

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  2. (+)-MTPA-Cl
  3. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  4. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  5. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  6. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  7. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  8. Nsアミン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MT-スルホン MT-Sulfone
  2. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  3. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  4. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  5. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  6. ゲルマニウムビニリデン
  7. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction
  8. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction
  9. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料
  10. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP