[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学合成

  1. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

    有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を予測する方法が発見された。(MIT Technology Review12月6日)話をまとめると、AIに39万5千の化学反応を勉強させ未…

  2. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実…

  3. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  5. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  6. アミンの新合成法

  7. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  8. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  9. 抗がん剤などの原料の新製造法

  10. 保護により不斉を創る

  11. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  12. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  13. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  14. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  15. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  16. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  2. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  3. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  4. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  5. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  6. 秘密保持契約(NDA)
  7. アルバート・コットン Frank Albert Cotton

注目情報

最新記事

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。2…

光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

2015年、華中師範大学のWen-Jing Xiao・ Liang-Qiu Luらは、アミンα位での…

蓄電池 Battery

蓄電池 (Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーとも呼ばれ,充放電が可能な電…

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

PAGE TOP