[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学合成

  1. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

    有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を予測する方法が発見された。(MIT Technology Review12月6日)話をまとめると、AIに39万5千の化学反応を勉強させ未…

  2. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実…

  3. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  5. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  6. アミンの新合成法

  7. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  8. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  9. 抗がん剤などの原料の新製造法

  10. 保護により不斉を創る

  11. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  12. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  13. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  14. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  15. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  16. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  3. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  4. ケムステイブニングミキサー2018ー報告
  5. 天然物の全合成―2000~2008
  6. Grubbs第一世代触媒
  7. アレン・バード Allen J. Bard

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

PAGE TOP