[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学合成

  1. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

    英リバプール大学の研究チームが開発した 「A mobile robotic chemist」は、年中無休で化学実験を自律的に行う研究ロボットだ。人間だと数カ月かかるところを8日で完了し、研究の自動化を実証した。  (引用:7月15日 ITm…

  2. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

    有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

  3. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実…

  4. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  5. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  6. アミンの新合成法2

  7. アミンの新合成法

  8. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  9. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  10. 抗がん剤などの原料の新製造法

  11. 保護により不斉を創る

  12. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  13. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  14. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  15. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  16. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  2. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  3. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  4. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  5. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  6. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  7. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

PAGE TOP