[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学合成

  1. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

    有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を予測する方法が発見された。(MIT Technology Review12月6日)話をまとめると、AIに39万5千の化学反応を勉強させ未…

  2. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実…

  3. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  5. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  6. アミンの新合成法

  7. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  8. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  9. 抗がん剤などの原料の新製造法

  10. 保護により不斉を創る

  11. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  12. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  13. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  14. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  15. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  16. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  2. 目が見えるようになる薬
  3. 安全なジアゾ供与試薬
  4. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  5. 理系が文系よりおしゃれ?
  6. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売
  7. ケミストリ・ソングス【Part 2】

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

PAGE TOP