[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学合成

  1. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

    有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を予測する方法が発見された。(MIT Technology Review12月6日)話をまとめると、AIに39万5千の化学反応を勉強させ未…

  2. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実…

  3. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  5. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  6. アミンの新合成法

  7. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  8. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  9. 抗がん剤などの原料の新製造法

  10. 保護により不斉を創る

  11. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  12. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  13. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  14. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  15. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  16. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  2. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  3. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  4. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授
  5. 有機合成化学協会誌6月号:ポリフィリン・ブチルアニリド・ヘテロ環合成・モノアシル酒石酸触媒・不斉ヒドロアリール化・機能性ポリペプチド
  6. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  7. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

PAGE TOP