[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

    9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのトムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞予測)の後身で、引用データの分析から特にインパクトが大きかった研究に対して与えられる賞で毎年ノーベル賞…

  2. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

    2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

  3. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定

    マレーシア警察は24日に発表したプレース・リリースによれば、予備検査で金正男氏殺害事件に用れた猛毒の…

  5. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月6日から9日まで、場所…

  6. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

  7. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  8. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  9. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

  10. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

  11. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

  12. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国

  13. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?

  14. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

  15. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

  16. iPadで使えるChemDrawが発売開始

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  3. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  4. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも長持ち「ステンレス定規」の巻
  6. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  7. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

PAGE TOP