[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

    「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル賞」の2020年度受賞研究が発表されました。2020年度は京都大学霊長類研究所の西村剛准教授が「ヘリウムを吸ったワニの鳴き声はどう変わるのか…

  2. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

    英リバプール大学の研究チームが開発した 「A mobile robotic chemist」は、年中…

  3. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

    It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

  4. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

    Human health is affected by indoor air quality. On…

  5. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表

     CAS announced the launch of a breakthrough retros…

  6. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

  7. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

  8. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  10. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

  11. AIが作った香水、ブラジルで発売

  12. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

  13. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

  14. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

  15. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?

  16. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  2. Christoph A. Schalley
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  4. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  5. ケムステの記事が3650記事に到達!
  6. 構造式の効果
  7. 緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

PAGE TOP