[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. ビールに使われている炭水化物を特定する方法が発見される

    ビールは昔から多くの人々に愛されてきました。特にドイツはビールの本場として知られており、その愛情の深さはかなりのものです。そして最近、ドイツ・ミュンヘン工科大学(TUM)に所属する分析化学者フィリップ・シュミット・コップリン氏ら研究チームは…

  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】

    The global chemical industry made it through…

  3. 海水から微量リチウムを抽出、濃縮できる電気化学セルを開発

    サウジアラビアのアブドラ国王科学技術大学院大学(KAUST)の研究チームが、リチウム・ランタン・チタ…

  4. アルツハイマー病患者の脳内から0価の鉄と銅が発見される

    英キール大学のテリング(Neil D. Telling)教授ほか13名の研究者たちは、X線画像化の技…

  5. 新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

    「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

  6. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される

  7. 米のヒ素を除きつつ最大限に栄養を維持する炊き方が解明

  8. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

  9. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

  10. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

  11. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

  12. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表

  13. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

  14. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

  15. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

  16. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 乙種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  2. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー
  3. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  4. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR
  5. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!
  6. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  7. スケールアップで失敗しないために 反応前の注意点

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP