[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

    「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル賞」の2020年度受賞研究が発表されました。2020年度は京都大学霊長類研究所の西村剛准教授が「ヘリウムを吸ったワニの鳴き声はどう変わるのか…

  2. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

    英リバプール大学の研究チームが開発した 「A mobile robotic chemist」は、年中…

  3. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

    It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

  4. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

    Human health is affected by indoor air quality. On…

  5. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表

     CAS announced the launch of a breakthrough retros…

  6. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

  7. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

  8. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  10. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

  11. AIが作った香水、ブラジルで発売

  12. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

  13. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

  14. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

  15. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?

  16. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒
  2. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  3. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  4. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  5. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  6. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  7. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン

注目情報

最新記事

[書評]分子の薄膜化技術

概要スマートフォンや大型ディスプレイに搭載されている有機ELは、1980年代から世界中で熾烈…

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

PAGE TOP