[スポンサーリンク]


ケムステニュースプレスリリース

  1. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特別研究員らの研究チームは、機械学習アルゴリズムの探索により、核磁気共鳴(NMR)化学シフトの予測を世界最高精度で達成した(理研プレスリリース…

  2. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)…

  3. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

    この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、有機E…

  4. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート

     富士フイルム和光純薬株式会社(本社:大阪市中央区/社長:小畠伸三)は、2018年4月1日付で、和光…

  5. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

    トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

  6. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ

  7. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ

  8. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表

  9. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

  10. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい

  11. CAS番号の登録が1億個突破!

  12. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得

  13. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?

  14. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!

  15. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  16. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  2. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  3. 【書籍】液晶の歴史
  4. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  5. 相撲と化学の意外な関係(?)
  6. 未来のノーベル化学賞候補者
  7. 平田 義正 Yoshimasa Hirata

注目情報

最新記事

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP