[スポンサーリンク]


ケムステニュースプレスリリース

  1. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現

    東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授が率いる研究グループは、極めて高い再現性、感度、均一性、生体適合性、耐久性を持つ表面増強ラマン分光法(Surface-Enhanced Raman Spectroscopy: SERS)の基板を開発し…

  2. NECら、データセンターの空調消費電力を半減できる新冷媒採用システムを開発

    NECおよびNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は28日、ノンフロンの新冷媒を採用し…

  3. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表

    この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、 次…

  4. 世界の中分子医薬品市場について調査結果を発表

    この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川…

  5. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表

    この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川…

  6. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化

  7. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「Thermo Tracker(サーモトラッカー)」を開発

  8. 女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

  9. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

  10. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行

  11. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用

  12. CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

  13. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする整髪技術を開発

  14. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

  15. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

  16. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見
  2. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  3. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  4. アメリカの大学院で受ける授業
  5. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
  6. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  7. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

注目情報

最新記事

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP