[スポンサーリンク]


ケムステニュースプレスリリース

  1. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特別研究員らの研究チームは、機械学習アルゴリズムの探索により、核磁気共鳴(NMR)化学シフトの予測を世界最高精度で達成した(理研プレスリリース…

  2. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)…

  3. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

    この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、有機E…

  4. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート

     富士フイルム和光純薬株式会社(本社:大阪市中央区/社長:小畠伸三)は、2018年4月1日付で、和光…

  5. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

    トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

  6. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ

  7. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ

  8. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表

  9. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

  10. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい

  11. CAS番号の登録が1億個突破!

  12. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得

  13. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?

  14. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!

  15. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  16. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  2. マーティン・バーク Martin D. Burke
  3. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  4. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  5. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  6. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  7. 学会風景2001

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP