[スポンサーリンク]


ケムステニュースプレスリリース

  1. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行

    株式会社カネカは、第7回無担保普通社債として、カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH)の製造設備および研究開発の資金調達を目的とするグリーンボンド(環境債)を発行します。募集金額は50億円、発行年限は5年で2019年9月発行予定です…

  2. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用

    ダイハツ工業と関西学院大学・理工学部・田中裕久研究室の研究グループは7月22日、福島第一原発廃炉に向…

  3. CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

    CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

  4. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする整髪技術を開発

    マンダムは20日、毛髪の内側から作用し、湿気があっても髪形が崩れにくい整髪技術を京都大学と共同で開発…

  5. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

    日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

  6. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

  7. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

  8. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

  9. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ大きく前進

  10. ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

  11. 有機合成反応で乳がん手術を改革

  12. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  13. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

  14. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

  15. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート

  16. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  2. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  3. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  4. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  5. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  6. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  7. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP