[スポンサーリンク]

ケムステニュース

被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ

[スポンサーリンク]

被ばくの少ない陽電子放射断層撮影装置(PET)用の造影剤を、中村栄一東京大教授(物理有機化学)と藤沢薬品工業(大阪市)のチームが開発、ラットを使った実験で撮影に成功した。31日付のドイツ化学会誌に発表した。
 

 PETは造影剤が出す放射線をとらえ、画像化する。患者が被ばくするため、より短寿命の放射性物質を使う造影剤の開発が課題だった。今回開発された造影剤は人にも応用できるといい、実用化が期待される。(引用:中国新聞)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  2. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  3. 決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~
  4. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  5. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  7. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  8. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  2. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  3. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  4. 114番元素生成の追試に成功
  5. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  6. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より
  7. アピオース apiose
  8. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  9. 映画「分子の音色」A scientist and a musician
  10. ブラッテラキノン /blattellaquinone

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP