[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

[スポンサーリンク]

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。

2019年

2018年

2017年

2016年

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本人化学者による卓越した化学研究
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  3. 化学研究特化型アプリまとめ
  4. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  5. SciFinder Future Leaders プログラム体験…
  6. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  7. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  8. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  2. 有機機能材料 基礎から応用まで
  3. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  4. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  5. これならわかるNMR/二次元NMR
  6. 構造式の効果
  7. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  8. ゲオスミン(geosmin)
  9. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開
  10. 大村 智 Satoshi Omura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP