[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

[スポンサーリンク]

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。

2019年

2018年

2017年

2016年

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  2. 美しい化学構造式を書きたい方に
  3. 研究倫理問題について学んでおこう
  4. ケムステ記事ランキングまとめ
  5. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  6. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  7. 化学業界と就職活動
  8. SciFinder Future Leaders プログラム体験…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide
  2. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)
  3. 研究室での英語【Part 2】
  4. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  5. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  6. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  7. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  8. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  9. 2007年秋の褒章
  10. 昇華の反対は?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP