[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン、原料高騰で製品値上げ

米化学大手のデュポンは17日、原油など原材料価格の高騰を受け、製品価格を値上げすると発表した。プラスチック製品などが中心になると見られる。すでに米イーストマン・コダックも5月からカメラ用フィルム製品を値上げしており、資源価格の高騰を引き金にした工業製品の値上げが広がってきた。(引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  2. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  3. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  4. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  5. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  6. 製薬会社5年後の行方
  7. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  8. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  2. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ
  3. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  4. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  5. 市民公開講座 ~驚きのかがく~
  6. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  7. アロタケタールの全合成
  8. 山本明夫 Akio Yamamoto
  9. デイヴィット・ベイカー David Baker
  10. パーコウ反応 Perkow Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP