[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン、原料高騰で製品値上げ

[スポンサーリンク]

米化学大手のデュポンは17日、原油など原材料価格の高騰を受け、製品価格を値上げすると発表した。プラスチック製品などが中心になると見られる。すでに米イーストマン・コダックも5月からカメラ用フィルム製品を値上げしており、資源価格の高騰を引き金にした工業製品の値上げが広がってきた。(引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  2. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  3. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  4. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  7. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  8. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  2. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  3. イヴァン・フック Ivan Huc
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  5. 円偏光スピンLEDの創製
  6. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  7. BTQBT : BTQBT
  8. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  9. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  10. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP