[スポンサーリンク]


身のまわりの分子試薬

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  2. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  3. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  4. ヘキサン (hexane)

    ヘキサンは、炭素数6で直鎖状のアルカン。

  5. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

    酢酸ビニルは、ポリビニルアルコールなど合成高分子材料の原料となる分子。

  6. カプロラクタム (caprolactam)

  7. ギ酸 (formic acid)

  8. ヨードホルム (iodoform)

  9. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  10. 白リン / white phosphorus

  11. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. SciFinderマイスター決定!
  2. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  3. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  4. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  5. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  6. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  7. 化学 2005年7月号

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP