[スポンサーリンク]


身のまわりの分子試薬

  1. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

    一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。ロジウムと白金の二元金属系ナノ粒子(粒子径:5-6 nm)が、ジメチルポリシランとアルミナに担持された固定化触媒であり、回収・再利用が可能、…

  2. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  3. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  4. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  5. ヘキサン (hexane)

    ヘキサンは、炭素数6で直鎖状のアルカン。

  6. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

  7. カプロラクタム (caprolactam)

  8. ギ酸 (formic acid)

  9. ヨードホルム (iodoform)

  10. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  11. 白リン / white phosphorus

  12. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. IR情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  2. デイヴィット・ベイカー David Baker
  3. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  4. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  5. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  6. キャピラリー電気泳動の基礎知識
  7. 化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

PAGE TOP