[スポンサーリンク]


身のまわりの分子試薬

  1. 酢酸ウラニル(VI) –意外なところから見つかる放射性物質–

    酢酸ウラニル(VI) (UO2(CH3COO)2·2H2O) はウラニル (二酸化ウラン、UO22+) の酢酸塩で、黄緑色の蛍光を有する結晶性固体である。劣化ウランを原料とし、酢酸を反応させることで産生される。放射性を持つが…

  2. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

    2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

  3. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

    一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

  4. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  5. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  6. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  7. ヘキサン (hexane)

  8. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

  9. カプロラクタム (caprolactam)

  10. ギ酸 (formic acid)

  11. ヨードホルム (iodoform)

  12. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  13. 白リン / white phosphorus

  14. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  2. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  3. 天才児の見つけ方・育て方
  4. メリークリスマス☆
  5. ポンコツ博士の海外奮闘録XXIV ~博士の危険地帯サバイバル 筒音編~
  6. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  7. 北九州における化学企業の盛んな生産活動

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP