[スポンサーリンク]


身のまわりの分子試薬

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  2. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  3. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  4. ヘキサン (hexane)

    ヘキサンは、炭素数6で直鎖状のアルカン。

  5. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

    酢酸ビニルは、ポリビニルアルコールなど合成高分子材料の原料となる分子。

  6. カプロラクタム (caprolactam)

  7. ギ酸 (formic acid)

  8. ヨードホルム (iodoform)

  9. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  10. 白リン / white phosphorus

  11. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis
  2. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授
  3. 液クロ虎の巻シリーズ
  4. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  5. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst
  6. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  7. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP