[スポンサーリンク]


身のまわりの分子試薬

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  2. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  3. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  4. ヘキサン (hexane)

    ヘキサンは、炭素数6で直鎖状のアルカン。

  5. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

    酢酸ビニルは、ポリビニルアルコールなど合成高分子材料の原料となる分子。

  6. カプロラクタム (caprolactam)

  7. ギ酸 (formic acid)

  8. ヨードホルム (iodoform)

  9. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  10. 白リン / white phosphorus

  11. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  2. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  3. 笑う化学には福来たる
  4. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】
  5. Wen-Jing Xiao
  6. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発
  7. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP