[スポンサーリンク]

archives

有用なりん化合物

D2557.gif

東京化成工業
有用なりん化合物: Methyl Diphenylphosphinite
 分子量:216.22
CAS: 4020-99-9
製品コード: D2557
値段: 5g 10,500円(2008.10.22 現在)
用途: ペプチド合成用試薬
説明:ラセミ化が起こりにくいため、ペプチド合成に有用。Staudinger反応とWittig型反応を組合せたアミド結合形成反応。
文献:J. Zaloom, M. Calandra, D. C. Roberts, J. Org. Chem., 50, 2601 (1985).
その他この試薬に関する記述: 有用なりん化合物 / Useful Phosphorus Compounds(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  2. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  3. pre-ELM-11
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  6. エノキサシン:Enoxacin
  7. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  8. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  3. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  4. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  6. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  7. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  8. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  9. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  10. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP