[スポンサーリンク]

archives

有用なりん化合物

[スポンサーリンク]

D2557.gif

東京化成工業
有用なりん化合物: Methyl Diphenylphosphinite
 分子量:216.22
CAS: 4020-99-9
製品コード: D2557
値段: 5g 10,500円(2008.10.22 現在)
用途: ペプチド合成用試薬
説明:ラセミ化が起こりにくいため、ペプチド合成に有用。Staudinger反応とWittig型反応を組合せたアミド結合形成反応。
文献:J. Zaloom, M. Calandra, D. C. Roberts, J. Org. Chem., 50, 2601 (1985).
その他この試薬に関する記述: 有用なりん化合物 / Useful Phosphorus Compounds(TCIメール)

関連記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  2. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  3. SPhos
  4. (R,R)-DIPAMP
  5. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  6. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  7. Horner-Emmons 試薬
  8. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  2. 2011年人気記事ランキング
  3. ミノキシジル /Minoxidil
  4. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ①
  5. 高知和夫 J. K. Kochi
  6. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  7. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  8. YMC研究奨励金当選者の声
  9. gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法
  10. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP