[スポンサーリンク]

archives

有用なりん化合物

D2557.gif

東京化成工業
有用なりん化合物: Methyl Diphenylphosphinite
 分子量:216.22
CAS: 4020-99-9
製品コード: D2557
値段: 5g 10,500円(2008.10.22 現在)
用途: ペプチド合成用試薬
説明:ラセミ化が起こりにくいため、ペプチド合成に有用。Staudinger反応とWittig型反応を組合せたアミド結合形成反応。
文献:J. Zaloom, M. Calandra, D. C. Roberts, J. Org. Chem., 50, 2601 (1985).
その他この試薬に関する記述: 有用なりん化合物 / Useful Phosphorus Compounds(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. DAST類縁体
  2. 不斉配位子
  3. iphone用サイトを作成
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  6. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  8. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  2. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  3. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー
  4. 3Mとはどんな会社?
  5. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  6. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  7. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III
  8. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  9. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成
  10. 2012年10大化学ニュース【前編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP