[スポンサーリンク]

ケムステニュース

駅トイレ光触媒で消臭

名古屋市交通局は新年度から、光に反応して雑菌やにおいの成分を分解する光触媒の酸化チタンを、地下鉄の駅トイレの壁や天井に塗布していく。新技術でにおいの元を断ち、利用者の好感度アップと乗客増につなげるのが狙い。全国の公営地下鉄で初の試み。

 光触媒は紫外線などが当たるとそれ自体は変化せず、周りに一定の化学反応を促す物質で、アンモニアや硫化水素などを分解する。殺菌のため介護タクシーにも使われている(引用:日刊県民福井)。

 

光触媒には二酸化チタン(TiO2が使われています。二酸化チタンは光が当たることにより汚れなどを分解する「光触媒効果」と、水となじみやすくなる「親水性」という主に二つの特徴を持っています。そのような特徴を利用して、トイレや家の外壁、抗菌剤、車のサイドミラーなどいろいろなところで多用されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  2. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  3. 地位確認求め労働審判
  4. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  5. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  6. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  7. パラジウム価格上昇中
  8. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  2. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  3. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  4. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  5. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  6. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  7. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  8. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  9. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  10. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP