[スポンサーリンク]

ケムステニュース

駅トイレ光触媒で消臭

名古屋市交通局は新年度から、光に反応して雑菌やにおいの成分を分解する光触媒の酸化チタンを、地下鉄の駅トイレの壁や天井に塗布していく。新技術でにおいの元を断ち、利用者の好感度アップと乗客増につなげるのが狙い。全国の公営地下鉄で初の試み。

 光触媒は紫外線などが当たるとそれ自体は変化せず、周りに一定の化学反応を促す物質で、アンモニアや硫化水素などを分解する。殺菌のため介護タクシーにも使われている(引用:日刊県民福井)。

 

光触媒には二酸化チタン(TiO2が使われています。二酸化チタンは光が当たることにより汚れなどを分解する「光触媒効果」と、水となじみやすくなる「親水性」という主に二つの特徴を持っています。そのような特徴を利用して、トイレや家の外壁、抗菌剤、車のサイドミラーなどいろいろなところで多用されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  2. のむ発毛薬で五輪アウトに
  3. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  4. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  5. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  6. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  7. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  8. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  2. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  3. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  4. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  5. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  6. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  7. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  8. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  9. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  10. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP