[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースE

  1. エドマン分解 Edman Degradation

    概要ペプチド一次配列決定法の一種。フェニルイソチオシアナートとの反応でN末端1残基だけをフェニルチオヒダントインの形で切り出し、一つずつアミノ酸配列を決定する。サンプルは極微量で良いが、多くの場合、適用限界は30…

  2. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation

    概要フッ素原子は立体的には水素原子と酷似しているが、電気的には全く逆の陰性である…

  3. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling

    概要チオアミドのアルキル化を経てビニロガスアミドもしくはウレタンを生成する手法。…

  4. 脱離反応 Elimination Reaction

     概要ひとつの分子から分子の一部である複数の原子(または原子団)が脱離して多重結…

  5. エタール反応 Etard Reaction

    アルカン→アルデヒド概要芳香環に置換したメチル基を酸化してアルデヒドに変える反応。Brede…

  6. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution

  7. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent

  10. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  11. エンインメタセシス Enyne Metathesis

  12. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation

  13. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction

  14. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation

  15. エーテル系保護基 Ether Protective Group

  16. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  2. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  3. 書物から学ぶ有機化学 3
  4. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  5. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  6. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  7. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

PAGE TOP