[スポンサーリンク]

E

エーテル系保護基 Ether Protective Group

 

概要

エーテルは多くの条件に不活性であり、比較的丈夫な保護基として用いられる。

メチルエーテル(Me)、トリチルエーテル(Tr)などがよく用いられる。ほかにもベンジルエーテル(Bn)p-メトキシベンジルエーテル(PMB)シリルエーテル類がアルコールの保護目的には頻用される。

PG_ether_2.gif

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen R…
  2. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoer…
  3. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  4. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rear…
  5. MAC試薬 MAC Reagent
  6. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  7. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  8. パーキン反応 Perkin Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Happy Friday?
  2. フェネストレンの新規合成法
  3. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  4. イー・タン Yi Tang
  5. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  6. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound
  7. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  8. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  9. はしか流行?
  10. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

PAGE TOP