[スポンサーリンク]

E

エーテル系保護基 Ether Protective Group

 

概要

エーテルは多くの条件に不活性であり、比較的丈夫な保護基として用いられる。

メチルエーテル(Me)、トリチルエーテル(Tr)などがよく用いられる。ほかにもベンジルエーテル(Bn)p-メトキシベンジルエーテル(PMB)シリルエーテル類がアルコールの保護目的には頻用される。

PG_ether_2.gif

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photoc…
  2. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  3. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Ki…
  4. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  5. クメン法 Cumene Process
  6. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  7. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyr…
  8. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride
  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  3. Molecules That Changed the World
  4. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  5. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  6. アピオース apiose
  7. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  8. 大塚国際美術館
  9. ラロック インドール合成 Larock Indole Synthesis
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP