[スポンサーリンク]

E

エーテル系保護基 Ether Protective Group

 

概要

エーテルは多くの条件に不活性であり、比較的丈夫な保護基として用いられる。

メチルエーテル(Me)、トリチルエーテル(Tr)などがよく用いられる。ほかにもベンジルエーテル(Bn)p-メトキシベンジルエーテル(PMB)シリルエーテル類がアルコールの保護目的には頻用される。

PG_ether_2.gif

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  2. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  4. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  5. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  6. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…
  7. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  8. マイケル付加 Michael Addition

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  2. アスパラプチン Asparaptine
  3. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  4. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  5. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  6. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  7. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  8. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction
  9. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  10. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP