[スポンサーリンク]

E

エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

カルボン酸誘導体 → アルデヒド

 

概要

エステル、アミド、ニトリルは、適切な金属水素化物を用いて低温で反応を行うと、アルデヒドへと還元できる。 よく用いられるものにDIBAL、Red-Alなどがある。

エステルの還元をアルデヒドの段階で停止することは、ニトリルに比べてそれほど容易ではない。2当量以上のDIBALでアルコールにまで還元した後に、アルデヒドへ酸化する方が、工程数は長くなるが確実である。例外的に5または6員環ラクトンの場合、ラクトールへの部分還元は容易である。

Weinrebアミドやモルホリンアミドは、LAH還元により、収率よくアルデヒドを与える。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

DIBAL+NaOtBu(SDBBA)は、氷冷下という簡便な条件下にエステルをアルデヒドに還元する。[1]

red_ester_aldehyde_1.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Song, J. I.; An, D. K. Chem. Lett. 200736, 886. doi:10.1246/cl.2007.886

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エタール反応 Etard Reaction
  2. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  3. ステッター反応 Stetter reaction
  4. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  5. バージェス試薬 Burgess Reagent
  6. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  7. ルーシェ還元 Luche Reduction
  8. スナップ試薬 SnAP Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジアゾカップリング diazocoupling
  2. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  3. あなたの体の中の”毒ガス”
  4. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  5. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を
  6. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  7. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  8. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  9. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  10. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP