[スポンサーリンク]

E

エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling

 

概要

チオアミドのアルキル化を経てビニロガスアミドもしくはウレタンを生成する手法。

基本文献

  • Fischli, A.; Eschenmoser, A. Angew. Chem. Int. Ed. 19676, 866. DOI: 10.1002/anie.196708661
  • Roth, M.; Dubs, P.; Gotschi, E.; Eschenmoser, A. Helv. Chim. Acta 1971, 54, 710. DOI: 10.1002/hlca.19710540229
  • Shiosaki, K. Comp. Org. Syn. 1991, 2, 865.

 

反応機構

eshenmoser_s_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  2. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  3. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  4. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  5. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  6. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  7. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  8. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  2. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  3. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  4. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  5. タンパクの「進化分子工学」とは
  6. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  7. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発
  8. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より
  9. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  10. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP