[スポンサーリンク]

E

エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling

 

概要

チオアミドのアルキル化を経てビニロガスアミドもしくはウレタンを生成する手法。

基本文献

  • Fischli, A.; Eschenmoser, A. Angew. Chem. Int. Ed. 19676, 866. DOI: 10.1002/anie.196708661
  • Roth, M.; Dubs, P.; Gotschi, E.; Eschenmoser, A. Helv. Chim. Acta 1971, 54, 710. DOI: 10.1002/hlca.19710540229
  • Shiosaki, K. Comp. Org. Syn. 1991, 2, 865.

 

反応機構

eshenmoser_s_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  3. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  4. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethan…
  5. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  6. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  7. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環およ…
  8. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  2. ニトログリセリン / nitroglycerin
  3. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  4. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  5. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  6. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  7. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  8. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  10. 硤合 憲三 Kenso Soai

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP