[スポンサーリンク]

E

エタール反応 Etard Reaction

[スポンサーリンク]

アルカン→アルデヒド

概要

芳香環に置換したメチル基を酸化してアルデヒドに変える反応。Bredereck試薬を用いても同様の変換が行える。

 

基本文献

  • Etard, A. Compt. Rend. 1880, 90, 534.
  • Etard, A. Ann. Chim. Phys. 1881, 22, 218.
  • Hartford, W. H.; Darrin, M. Chem. Rev. 195858, 1. DOI: 10.1021/cr50019a001

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  2. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  3. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  4. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…
  5. グレーサー反応 Glaser Reaction
  6. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  7. ダフ反応 Duff Reaction
  8. 光延反応 Mitsunobu Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  2. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  3. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  4. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  5. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  6. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  7. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜
  9. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP