[スポンサーリンク]

E

エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

 

概要

エポキシドからエピスルフィドを合成する手法。

 

基本文献

 

反応機構

o-shen6.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  2. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  3. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  4. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  5. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  6. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  7. 脱離反応 Elimination Reaction
  8. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  2. マット・シェア Matthew D. Shair
  3. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  4. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  5. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  6. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像
  7. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  8. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  9. 希少金属
  10. A値(A value)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP