[スポンサーリンク]

E

エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

 

概要

エポキシドからエピスルフィドを合成する手法。

 

基本文献

 

反応機構

o-shen6.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  2. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  3. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  4. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  5. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  6. エルマンイミン Ellman’s Imine
  7. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  8. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  2. 角田試薬
  3. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  4. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  5. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  6. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  7. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  8. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  10. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP