[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、およびアンモニアの三成分縮合によりピリジンが得られる。基本文献 Zecher, W.; Kröhnke, F.  Chem. Ber…

  2. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  3. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  4. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。…

  5. コルベ電解 Kolbe Electrolysis

    概要電解条件にてカルボン酸の脱炭酸を伴いつつ、二量化を進行させる方法。 …

  6. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  8. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  9. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  10. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  11. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  12. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  13. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  14. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  15. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

  16. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  2. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  3. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  4. OMCOS19に参加しよう!
  5. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  6. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  7. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP