[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. 北エステル化反応 Kita Esterification

    概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールからエステルを合成する手法。穏和な条件下に進行することが特徴であり、副生物も少ないため精製も容易である。酸無水物の合成、アミド化、マク…

  2. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、および…

  3. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  4. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  5. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。…

  6. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis

  7. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  8. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  9. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  10. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  11. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  12. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  13. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  14. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  15. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  16. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. やっぱりリンが好き
  2. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  3. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  4. カブトガニの血液が人類を救う
  5. ノーベル化学賞まとめ
  6. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis
  7. ケミストリー通り

注目情報

最新記事

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

PAGE TOP