[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. カイザーテスト Kaiser Test

    概要ペプチド固相合成における縮合反応が完全に進行しないと、最終物として様々な鎖長のペプチドが混合物として得られてくるため、精製が極めて困難となる。ほぼ100%の収率で進行させることを目的に、固相上の縮合反応を簡便にモニターできる…

  2. 北エステル化反応 Kita Esterification

    概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

  3. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、および…

  4. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  5. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  6. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

  7. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis

  8. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  9. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  10. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  11. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  12. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  13. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  14. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  15. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  16. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東京大学理学部 化学教室
  2. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  3. これからの理系の転職について考えてみた
  4. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  5. アステラス病態代謝研究会 2019年度助成募集
  6. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  7. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP