[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、およびアンモニアの三成分縮合によりピリジンが得られる。基本文献 Zecher, W.; Kröhnke, F.  Chem. Ber…

  2. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  3. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  4. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。…

  5. コルベ電解 Kolbe Electrolysis

    概要電解条件にてカルボン酸の脱炭酸を伴いつつ、二量化を進行させる方法。 …

  6. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  8. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  9. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  10. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  11. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  12. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  13. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  14. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  15. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

  16. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水島 公一 Koichi Mizushima
  2. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  3. 化学にインスパイアされたジュエリー
  4. アイルランドに行ってきた①
  5. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  6. ミック因子 (Myc factor)
  7. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP