[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. 北エステル化反応 Kita Esterification

    概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールからエステルを合成する手法。穏和な条件下に進行することが特徴であり、副生物も少ないため精製も容易である。酸無水物の合成、アミド化、マク…

  2. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、および…

  3. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  4. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  5. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。…

  6. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis

  7. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  8. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  9. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  10. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  11. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  12. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  13. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  14. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  15. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  16. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  4. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  5. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  6. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~
  7. ケムステSlack、開設二周年!

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

PAGE TOP