[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. 北エステル化反応 Kita Esterification

    概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールからエステルを合成する手法。穏和な条件下に進行することが特徴であり、副生物も少ないため精製も容易である。酸無水物の合成、アミド化、マク…

  2. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

    α-ハロケトンにピリジンを作用させて得られるピリジニウム塩、 α,β-不飽和カルボニル化合物、および…

  3. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させ…

  4. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰…

  5. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。…

  6. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis

  7. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

  8. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

  9. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

  10. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

  11. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

  12. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

  13. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  14. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  15. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  16. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アイルランドに行ってきた②
  2. マラカイトグリーン /Malachite Green
  3. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  4. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  5. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授
  6. レスベラトロール /resveratrol
  7. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP