[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースK

  1. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation

    概要チタン-BINOLルイス酸触媒を用いる、アルデヒド・アリルスズ間の不斉アリル化反応。 (さらに…)…

  2. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

    概要グリコシルハライドを銀などのソフトルイス酸によって活性化し、グリコシド結合を形成する反応。し…

  3. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

    アルコール or アルケン → カルボン酸カルボカチオンと一酸化炭素の反応により、カルボン酸…

  4. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

    概要アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4また…

  5. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis

    概要Hantzschジヒドロピリジン合成とほぼ同様であるが、窒素源にヒドロキシア…

  6. 高知・フュルスナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling

  7. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation

  8. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

  9. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cyclization

  10. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

  11. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling

  12. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling

  13. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  2. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授
  3. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  4. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  5. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  6. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで
  7. 有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

PAGE TOP