[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  2. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  3. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  4. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  5. ネフ反応 Nef Reaction
  6. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…
  7. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  8. マイケル付加 Michael Addition

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  2. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  3. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  4. 触媒なの? ?自殺する酵素?
  5. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  6. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  7. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  8. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  9. アミンの新合成法
  10. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP