[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  2. ストーク エナミン Stork Enamine
  3. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  4. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  5. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  6. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  7. スワーン酸化 Swern Oxidation
  8. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海の生き物からの贈り物
  2. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  3. ニトログリセリン / nitroglycerin
  4. 君はPHOZONを知っているか?
  5. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  6. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  7. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation
  8. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  9. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  10. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP