[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  2. スナップ試薬 SnAP Reagent
  3. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  5. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  6. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  7. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  8. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  2. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  3. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  5. リニューアル?!
  6. 有機化学クロスワードパズル
  7. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  8. IRの基礎知識
  9. メバスタチン /Mevastatin
  10. 指向性進化法 Directed Evolution

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP