[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  2. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  3. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  4. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…
  6. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  7. MAC試薬 MAC Reagent
  8. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  2. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  3. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  5. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  6. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  7. 出光・昭和シェル、統合を発表
  8. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  9. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  10. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP