[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  2. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  3. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesi…
  4. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  5. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…
  6. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  8. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文執筆ABC
  2. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  3. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  4. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  5. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」
  6. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  7. 有機反応の仕組みと考え方
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  9. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  10. 昇華の反対は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP