[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コルベ電解 Kolbe Electrolysis
  2. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…
  3. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach R…
  4. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler React…
  5. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylborati…
  6. バージェス試薬 Burgess Reagent
  7. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  8. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘロナミドA Heronamide A
  2. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  3. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  4. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  5. ワートン反応 Wharton Reaction
  6. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  7. プロリン ぷろりん proline
  8. 置き去りのアルドール、launch!
  9. アデノシン /adenosine
  10. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP