[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…
  2. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…
  3. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  4. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  5. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  6. パーキン反応 Perkin Reaction
  7. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  8. スナップ試薬 SnAP Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「人工知能時代」と人間の仕事
  2. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  3. 第32回生体分子科学討論会 
  4. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  5. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法
  6. Chem-Station9周年へ
  7. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  8. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  9. 磁性流体アートの世界
  10. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP