[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  2. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  3. ジアゾカップリング diazocoupling
  4. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  5. 植村酸化 Uemura Oxidation
  6. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  8. ミニスキ反応 Minisci Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  2. 2017年の注目分子はどれ?
  3. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  4. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis
  5. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  6. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  7. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  8. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  9. 【悲報】HGS 分子構造模型 入手不能に
  10. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP