[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rear…
  2. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  3. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  4. IBX酸化 IBX Oxidation
  5. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  6. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  7. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  8. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~
  2. 産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜
  3. フィンランド理科教科書 化学編
  4. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  5. Carl Boschの人生 その2
  6. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  7. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授
  8. 長期海外出張のお役立ちアイテム
  9. リンダウ会議に行ってきた④
  10. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP