[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  2. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  3. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  4. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  5. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  6. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropan…
  7. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  8. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  2. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  3. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  4. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  5. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い
  6. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  7. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  8. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  9. 青いセレンディピティー
  10. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP