[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  2. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  3. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thio…
  4. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  5. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Cat…
  6. アニオン重合 Anionic Polymerization
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  8. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate
  2. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  3. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  4. レーザー光で実現する新たな多結晶形成法
  5. カリックスアレーン /calixarene
  6. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  7. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授
  8. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  9. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  10. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP