[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  2. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  3. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  4. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal…
  5. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  8. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  3. 化学業界と就職活動
  4. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  5. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  6. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  7. コランニュレンの安定結合を切る
  8. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  9. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  10. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP