[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

[スポンサーリンク]

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  2. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  3. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  4. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  5. ウギ反応 Ugi Reaction
  6. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photoc…
  7. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  8. プラトー反応 Prato Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  2. 山東信介 Shinsuke Sando
  3. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  4. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  5. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene
  6. 1,2-還元と1,4-還元
  7. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  8. アイルランドに行ってきた①
  9. テトラサイクリン類の全合成
  10. ペラミビル / Peramivir

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP