[スポンサーリンク]

K

ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization

 

概要

DCCおよびDMAPの存在下、高希釈条件下にてマクロラクトン化を行う手法。プロトン源としてDMAP塩酸塩を加えることが反応を効率的に進行させる鍵。試薬は通常、過剰量必要。

基本文献

 

反応機構

大まかにはDCCによる通常のエステル縮合と変わらない。
keck_macrolactone_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  2. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  3. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  4. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  5. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  6. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach R…
  7. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  8. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Ind…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 塩化ラジウム223
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. 【追悼企画】不斉酸化反応のフロンティアー香月 勗
  4. 植村酸化 Uemura Oxidation
  5. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  6. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  8. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  9. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託
  10. レッドブルから微量のコカインが検出される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP