[スポンサーリンク]

K

クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

 

概要

β-ケトメチルエステルは塩化リチウムとDMSO中加熱することで、ほぼ中性条件にて脱炭酸が行える。不安定な官能基を有する化合物のアセト酢酸エステル合成時に特に有用。

基本文献

 

反応機構

リチウムがルイス酸として働いて基質を活性化し、メチルエステルにSN2反応を起こす機構で進行する。(参照:Tetrahedron 199046, 3929)
krapcho_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  2. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  3. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  4. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  5. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  6. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  7. アッペル反応 Appel Reaction
  8. ノリッシュ反応 Norrish Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  2. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  3. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  4. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  5. OMCOS19に参加しよう!
  6. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  7. アレーン類の直接的クロスカップリング
  8. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  9. BASFとはどんな会社?-1
  10. ミヤコシンA (miyakosyne A)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

PAGE TOP