[スポンサーリンク]

K

クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

 

概要

β-ケトメチルエステルは塩化リチウムとDMSO中加熱することで、ほぼ中性条件にて脱炭酸が行える。不安定な官能基を有する化合物のアセト酢酸エステル合成時に特に有用。

基本文献

 

反応機構

リチウムがルイス酸として働いて基質を活性化し、メチルエステルにSN2反応を起こす機構で進行する。(参照:Tetrahedron 199046, 3929)
krapcho_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler React…
  2. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  3. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  4. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  5. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photored…
  6. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  7. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  8. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素名を名字にお持ちの方〜
  2. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  3. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  4. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!
  5. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  6. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  7. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  8. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  9. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  10. バーチ還元 Birch Reduction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP