[スポンサーリンク]

K

クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

[スポンサーリンク]

 

概要

β-ケトメチルエステルは塩化リチウムとDMSO中加熱することで、ほぼ中性条件にて脱炭酸が行える。不安定な官能基を有する化合物のアセト酢酸エステル合成時に特に有用。

基本文献

 

反応機構

リチウムがルイス酸として働いて基質を活性化し、メチルエステルにSN2反応を起こす機構で進行する。(参照:Tetrahedron 199046, 3929)
krapcho_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Reso…
  2. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  3. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  4. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  5. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  6. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  7. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  8. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  2. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  3. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  4. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  5. マリウス・クロア G. Marius Clore
  6. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  7. 172番元素までの周期表が提案される
  8. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  9. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  10. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP