[スポンサーリンク]

K

ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

 

 概要

ハロアミンを用いてラジカル的原始移動反応をおこし、遠隔位C-H結合を官能基化する方法。

 

基本文献

 

反応機構

HLF_3.gif

 

反応例

位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成[1]

HLF_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Chen, K,; Richter, J. M.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7247. DOI: 10.1021/ja802491q

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  2. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  3. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  4. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  5. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  6. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  7. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  8. 縮合剤 Condensation Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  2. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  3. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  4. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  5. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  6. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  7. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ
  8. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  9. マタタビの有効成分のはなし
  10. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP