[スポンサーリンク]

K

ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

 

 概要

ハロアミンを用いてラジカル的原始移動反応をおこし、遠隔位C-H結合を官能基化する方法。

 

基本文献

 

反応機構

HLF_3.gif

 

反応例

位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成[1]

HLF_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Chen, K,; Richter, J. M.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7247. DOI: 10.1021/ja802491q

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フリース転位 Fries Rearrangment
  2. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  3. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  4. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  5. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  6. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  7. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesi…
  8. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protectin…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン原料
  2. ノーベル博物館
  3. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  4. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  5. 化学物質恐怖症への処方箋
  6. 円偏光スピンLEDの創製
  7. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  8. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  9. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  10. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP