[スポンサーリンク]

K

ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

 

 概要

ハロアミンを用いてラジカル的原始移動反応をおこし、遠隔位C-H結合を官能基化する方法。

 

基本文献

 

反応機構

HLF_3.gif

 

反応例

位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成[1]

HLF_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Chen, K,; Richter, J. M.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7247. DOI: 10.1021/ja802491q

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  2. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  3. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  4. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  5. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  6. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  7. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  8. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  2. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  3. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  4. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  5. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフルオリド:4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur Trifluoride
  6. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  7. タミフルの新規合成法・その4
  8. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  9. プラテンシマイシン /platensimycin
  10. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP