[スポンサーリンク]

K

ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction

[スポンサーリンク]

 

 概要

ハロアミンを用いてラジカル的原始移動反応をおこし、遠隔位C-H結合を官能基化する方法。

 

基本文献

 

反応機構

HLF_3.gif

 

反応例

位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成[1]

HLF_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Chen, K,; Richter, J. M.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7247. DOI: 10.1021/ja802491q

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  2. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  3. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  4. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protectin…
  5. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  6. ジイミド還元 Diimide Reduction
  7. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  8. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  3. 光触媒の活性化機構の解明研究
  4. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate
  5. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  6. 論文執筆ABC
  7. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  8. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授
  9. ネオ元素周期表
  10. 「人工知能時代」と人間の仕事

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP