[スポンサーリンク]

医薬品

メラトニン melatonin

 メラトニンは、脊椎動物に見られるホルモン睡眠の調節に関与します。

詳細

もともとは、ウシ松果体をカエルのオタマジャクシに食べさせると体色変化する現象から発見されました[1-4]。メラトニンはトリプトファンから生合成され、夜間により多く分泌されます。睡眠をコントロールする役割がよく知られています。メラトニンは細胞膜にあるGタンパク質型受容体によって認識されます[5]。

参考論文

  1. “Isolation of melatonin, the pineal gland factor that lightens melanocytes.” Lerner AB et al. J. Am. Chem. Soc. 1958 DOI: 10.1021/ja01543a060
  2. “Melatonin in peripheral nerve.” Lerner AB et al. Nature 1959 DOI: 10.1038/1831821a0
  3. “Structure of melatonin.” Lerner AB et al. J. Am. Chem. Soc. 1959 DOI: 10.1021/ja01531a060
  4. Isolation of melatonin and 5-methoxyindole-3-acetic acid from bovine pineal glands.” Lerner AB et al. J. Biol. Chem. 1960
  5. Expression cloning of a high-affinity melatonin receptor from Xenopus dermal melanophores.” Takashi Ebisawa et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1994
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  2. アスピリン あすぴりん aspirin 
  3. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  4. カフェイン caffeine
  5. A-ファクター A-factor
  6. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysi…
  7. コランニュレン corannulene
  8. レスベラトロール /resveratrol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 駅トイレ光触媒で消臭
  2. 分子模型を比べてみた
  3. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  4. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  5. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する
  6. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  7. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  8. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  9. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  10. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP