[スポンサーリンク]

医薬品

メラトニン melatonin

 メラトニンは、脊椎動物に見られるホルモン睡眠の調節に関与します。

詳細

もともとは、ウシ松果体をカエルのオタマジャクシに食べさせると体色変化する現象から発見されました[1-4]。メラトニンはトリプトファンから生合成され、夜間により多く分泌されます。睡眠をコントロールする役割がよく知られています。メラトニンは細胞膜にあるGタンパク質型受容体によって認識されます[5]。

参考論文

  1. “Isolation of melatonin, the pineal gland factor that lightens melanocytes.” Lerner AB et al. J. Am. Chem. Soc. 1958 DOI: 10.1021/ja01543a060
  2. “Melatonin in peripheral nerve.” Lerner AB et al. Nature 1959 DOI: 10.1038/1831821a0
  3. “Structure of melatonin.” Lerner AB et al. J. Am. Chem. Soc. 1959 DOI: 10.1021/ja01531a060
  4. Isolation of melatonin and 5-methoxyindole-3-acetic acid from bovine pineal glands.” Lerner AB et al. J. Biol. Chem. 1960
  5. Expression cloning of a high-affinity melatonin receptor from Xenopus dermal melanophores.” Takashi Ebisawa et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1994
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate…
  2. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  3. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  4. バイアグラ /viagra
  5. シラフィン silaffin
  6. シガトキシン /ciguatoxin
  7. 酒石酸/Tartaric acid
  8. メントール /menthol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 抗生物質の話
  2. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  3. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  4. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  5. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  6. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  7. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction
  8. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  9. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  10. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP