[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

第29回の海外研究者インタビューは、Rein Ulijn教授です。Ulijin教授はマンチェスター大学の材料学部とマンチェスター学際的生物学センター(MIB)に所属し、生物医学・技術応用のため、ペプチドベースのナノマテリアルの設計に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

学部生でバイオテクノロジーを学んでいたとき、自然界が考案した適応性の高い機能性構造の設計コンセプトに魅了されました。これらのシステムを単純化し、人工システムに効果的に組み込むことができれば、有用な機能性材料およびデバイスの設計可能性は無限に広がるだろうと考えたのです。化学はこのすべての鍵を握っています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

おそらく建築家になっているでしょう。既定のデザインに基づき、美的・快適・便利な構造を作り上げるという考えは、私にとって魅力的なのです。研究室では同じことをやろうとしていますが、はるかに小規模です。

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

これはまじめな話ですが、持続可能かつ再生可能なエネルギー源について、最も緊急に貢献が求められています。いつの日か、太陽エネルギーを燃料または電気に効率的に変換する分子デバイスを作れるようになるかもしれません。しかし主要なブレークスルーは、おそらく誰も考えついていない、ほとんど明らかにされていない解決法なのでしょう。私の見解では、こういったアイデアの登場は、この分野における基礎的・非現実的研究にどれだけ資金が投じられるかのみで決まっています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

可能であれば、鼓舞的な方だと想像している、チャールズ・ダーウィンフランシス・クリックの二人同時にです。進化の過程が限界に到達したとき、最終的に到達しうる複雑さの限界について、彼らの考えを尋ねるでしょう。それから座して耳を傾け、インスピレーションを得るでしょう。

チャールズ・ダーウィン ( 1809 - 1882)

チャールズ・ダーウィン ( 1809 – 1882)

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

私は最高に熱心な実験者ではなかったので、喜んで実験から離れ、才能あるポスドクや大学院生に任せています。しかし過去4年間の中では、約4ヶ月前に1度実験を行いました。芳香族短鎖ペプチド誘導体を用いたカーボンナノ材料の分散試験を含む、概念実証実験です。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ダグラス・アダムスの「銀河へのヒッチハイクガイド」の全4巻を読んでみます。多くの人が必読だと私に勧めてくれたからです。ある同僚が言うには、現在イギリスに長期滞在しているのだから、その書物にある繊細なユーモアをもっと楽しむべきなのだと!

私の音楽の趣味はとても変わりやすいので、当時の私の車載CDプレーヤーにあったものなら何でもいいと思います。

 

原文:Reactions – Rein Ulijn

※このインタビューは2007年9月7日に公開されました。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  2. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  3. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  4. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andr…
  5. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  6. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで ̵…
  7. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  8. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  2. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  3. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  4. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  5. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  6. ペンタレネン Pentalenene
  7. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  8. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  9. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  10. 【第二回】シード/リード化合物の合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP