[スポンサーリンク]

K

コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

 

概要

ハロゲン化アルキルと置換反応によるニトロ化。亜硝酸銀を用いる。

基本文献

  •  Kornblum, N.; Ungnade, H. E. Org. Synth. 19634, 724.
  •  Kornblum, N. Org. React. 1962, 12, 101.

 

反応機構

ハロゲンと銀原子の強い相互作用が反応進行における駆動力となっている。
kornblum_no2_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  2. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  3. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  4. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation…
  5. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Al…
  6. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  7. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  8. FAMSO

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 筑波山
  2. 2015年ケムステ人気記事ランキング
  3. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】
  4. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  5. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  6. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)
  7. クレアチン creatine 
  8. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発
  9. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  10. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP