[スポンサーリンク]

K

コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

 

概要

ハロゲン化アルキルと置換反応によるニトロ化。亜硝酸銀を用いる。

基本文献

  •  Kornblum, N.; Ungnade, H. E. Org. Synth. 19634, 724.
  •  Kornblum, N. Org. React. 1962, 12, 101.

 

反応機構

ハロゲンと銀原子の強い相互作用が反応進行における駆動力となっている。
kornblum_no2_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  2. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  3. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  4. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  5. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  6. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  7. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  8. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  2. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  3. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  4. トップリス ツリー Topliss Tree
  5. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  6. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  7. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  8. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  9. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  10. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP