[スポンサーリンク]

K

コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

 

概要

ハロゲン化アルキルと置換反応によるニトロ化。亜硝酸銀を用いる。

基本文献

  •  Kornblum, N.; Ungnade, H. E. Org. Synth. 19634, 724.
  •  Kornblum, N. Org. React. 1962, 12, 101.

 

反応機構

ハロゲンと銀原子の強い相互作用が反応進行における駆動力となっている。
kornblum_no2_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ワイス反応 Weiss Reaction
  2. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  5. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  6. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  7. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  8. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  2. 混合原子価による芳香族性
  3. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  4. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  5. スナップ試薬 SnAP Reagent
  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  7. Chem-Stationついに7周年!
  8. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!
  9. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017
  10. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP