[スポンサーリンク]

K

コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

[スポンサーリンク]

 

概要

ハロゲン化アルキルと置換反応によるニトロ化。亜硝酸銀を用いる。

基本文献

  •  Kornblum, N.; Ungnade, H. E. Org. Synth. 19634, 724.
  •  Kornblum, N. Org. React. 1962, 12, 101.

 

反応機構

ハロゲンと銀原子の強い相互作用が反応進行における駆動力となっている。
kornblum_no2_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  2. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  3. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  4. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  5. ライセルト反応 Reissert Reaction
  6. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Aminatio…
  7. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  8. TosMIC

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  2. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授
  3. アルキンから環状ポリマーをつくる
  4. 3Dプリント模型を買ってコロナウイルス研究を応援しよう!
  5. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  6. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  7. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2019年版】
  8. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  9. メールのスマートな送り方
  10. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP