[スポンサーリンク]

K

コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

アルコール or アルケン → カルボン酸

カルボカチオンと一酸化炭素の反応により、カルボン酸を直接合成する反応。

 

基本文献

  • Truce, W. E. Org. React. 19579, 37.
  • Koch, H.; Haaf, W. Org. Synth. 19735, 20.
  • Haaf, W. Org. Synth. 19735, 739.

 

関連反応

 

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen R…
  2. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fr…
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  6. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  7. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  8. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  2. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  3. ベティ反応 Betti Reaction
  4. テトラセノマイシン類の全合成
  5. アレン・バード Allen J. Bard
  6. 液クロ虎の巻シリーズ
  7. 小松紘一 Koichi Komatsu
  8. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  10. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP