[スポンサーリンク]

K

コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

アルコール or アルケン → カルボン酸

カルボカチオンと一酸化炭素の反応により、カルボン酸を直接合成する反応。

 

基本文献

  • Truce, W. E. Org. React. 19579, 37.
  • Koch, H.; Haaf, W. Org. Synth. 19735, 20.
  • Haaf, W. Org. Synth. 19735, 739.

 

関連反応

 

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  2. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  3. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…
  4. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  5. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…
  6. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  7. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  8. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘリウム不足再び?
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. 銀イオンクロマトグラフィー
  4. モリブドプテリン (molybdopterin)
  5. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  6. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授
  7. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  8. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  9. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  10. レスベラトロール /resveratrol

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP