[スポンサーリンク]

K

コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

アルコール or アルケン → カルボン酸

カルボカチオンと一酸化炭素の反応により、カルボン酸を直接合成する反応。

 

基本文献

  • Truce, W. E. Org. React. 19579, 37.
  • Koch, H.; Haaf, W. Org. Synth. 19735, 20.
  • Haaf, W. Org. Synth. 19735, 739.

 

関連反応

 

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンザイン Benzyne
  2. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…
  3. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  4. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…
  5. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reacti…
  6. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Al…
  7. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  8. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  2. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  3. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  4. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  5. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  6. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
  7. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  8. ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!
  9. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  10. 混合原子価による芳香族性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP