[スポンサーリンク]

K

コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

アルコール or アルケン → カルボン酸

カルボカチオンと一酸化炭素の反応により、カルボン酸を直接合成する反応。

 

基本文献

  • Truce, W. E. Org. React. 19579, 37.
  • Koch, H.; Haaf, W. Org. Synth. 19735, 20.
  • Haaf, W. Org. Synth. 19735, 739.

 

関連反応

 

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  2. リード反応 Reed Reaction
  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  4. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylalumin…
  5. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorina…
  6. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  7. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  8. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  2. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  3. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  4. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  5. (+)-MTPA-Cl
  6. マラカイトグリーン /Malachite Green
  7. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  8. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  9. パーソナライズド・エナジー構想
  10. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP