[スポンサーリンク]

危険物取扱者

甲種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編

[スポンサーリンク]

ケムステ代表(Webmaster)が平成12年9月に受験した甲種の合格体験記です。

受験申し込み

乙4種と同じくまたまたぎりぎりの出願。甲種は受験料5000円。まだ大学生なので、化学系の15単位の取得を証明するため、単位証明書を同封した。配達記録で郵送した。前回、甘く見て全く勉強せず落ちてしまったので今回はしっかり勉強しようと思った。

勉強

問題集は前回買ってあったもので「危険物取扱者合格問題」(新星出版社)という問題集をやることにした。この本は問題しかないが、解説が詳しく問題量が一番多いので、化学系の学生にはおすすめだと思う。

しかし、なんだかんだ忙しく、結局やり始めたのが1週間前。前に少しやってあったが忘れていたので、まず「物理学及び化学」の部分以外を解きなおした。2日前ににやっと全部終わり、この問題集には模擬問題が3回分ついているので、当日の夜、ファミレスにこもって2回分をテスト形式でやった。1回目は法令、物理・化学、性質の順で11/15、8/10、15/20、合計34/45(75%)とまあまあだった。2回目は11/15、9 /10、17/20で合計37/45(82%)であった。

余裕かな?と思ったが油断は禁物で、まだテストまで4時間くらいあったので法令と性質の部分を2枚の紙にまとめてみた。これはかなりの効果があった。これをやっていなかったら受からなかったかもしれない。

試験当日

9/17当日。その日は雨だった。かなり自信があったので、コンビニで時間をつぶして試験場に向かった。試験場についたがなにか様子が違う。掲示板を見てみると、なんと「乙4類」と書いてあった。ショック!1日間違えていた!雨の中傘もささず(傘を持ってなかっただけなのだが)に家に帰って爆睡した。

夜に起きたが、テキストが雨にぬれてぐちゃぐちゃだったのでやる気がせず、2枚にまとめた紙が生き残っていたのでそれを覚えた。

9/18ホントの試験当日。その日はなぜか異常に暑い。試験場でたまたま友達に会った。9:30試験開始。

内容は、

<法令>

施設の区分、定期点検、予防規程、指定数量、危険物保安監督者、通気管、使用停止命令、仮使用、保安距離(2問) 等

<物理・化学>

燃えやすい条件、ベンゼンの燃焼範囲計算、リトマス紙、イオン化傾向熱量の計算 等

<性質>

第1類が中心 消火方法(2問) 等 (ほかは覚えていない)

だった。今回は5.5割は常識問題+ちょっとの勉強でできるのだがが何個かマニアックな問題があった。

性質の部分では「正しいもの数をあげよ」という問題が3問位あって難しかった。

もちろん毎回問題はかなり違うので、あまり参考にならないとおもうが・・・

結果とその後

12:00終了

12:45発表

試験中、大体あっている問題を数えて(自信のあるもの)6割あったので、自信はあったのだが、やっぱり心配だった。しかし見事合格。

合格率は41.3%だった。(高い・・・2種情報処理の4倍・・・)

それから1時間かけて免状申請。

郵送料+申請料合わせて3090円

郵送は約半月後の10月6日だそうだ。

試験のこつ

問題をある程度解いた後、知識を自分でまとめてそれをしっかり覚えることです。

基本的な問題は必ず出るのですがそれだけでは合格点に届きません。

細かいところも覚えましょう。

それでは皆さんもがんばってください。

※以前HTML版で公開していたものを移行したものです。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 危険物データベース:第5類(自己反応性物質)
  2. 危険物に関する法令:危険物の標識・掲示板
  3. 危険物に関する法令:指定数量の覚え方
  4. 危険物に関する法令:行政手続き、許可取り消し
  5. 危険物に関する法令:点検・設備・保安距離
  6. 試験概要:乙種危険物取扱者
  7. 甲種危険物取扱者・合格体験記~cosine編
  8. 試験概要:知的財産管理技能検定

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子模型を比べてみた
  2. 千葉 俊介 Shunsuke Chiba
  3. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  4. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  5. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  6. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  7. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  8. AI翻訳エンジンを化学系文章で比較してみた
  9. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  10. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2000年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP