[スポンサーリンク]

ケムステニュース

呉羽化学、社名を「クレハ」に

[スポンサーリンク]

大手化学メーカーの呉羽化学工業は17日、10月に社名を「クレハ」に変更する、と発表した。1944年の創立から60年たったのを機に、6月の株主総会で提案する。
 合わせて中期経営計画(05~08年度)も策定。炭酸飲料の賞味期限を延ばすペットボトル用のポリグリコール酸樹脂をはじめとする新製品や、慢性腎不全治療薬の中国での発売などにより、08年度に連結で売上高1800億円、営業利益200億円を目指す。04年度は連結で売上高1370億円、営業利益105億円を見込む。 (引用:朝日新聞)
一般的にはクレラップが有名でしょうか。名前を変更するとのこと。呉羽化学ときくとなんとなく広島県の呉市が思い浮かんでしまって、瀬戸内海の島々にあるのかなあと思ってしまいます。(苦笑) 本当は、分社前の会社呉羽紡績からで、その呉羽紡績は富山県の呉羽町という場所にあったからということらしいですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  2. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  3. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  4. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  5. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  6. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  7. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  2. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  3. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  4. タングトリンの触媒的不斉全合成
  5. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal
  6. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  7. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化
  8. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  9. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める
  10. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP