[スポンサーリンク]

ケムステニュース

呉羽化学、社名を「クレハ」に

大手化学メーカーの呉羽化学工業は17日、10月に社名を「クレハ」に変更する、と発表した。1944年の創立から60年たったのを機に、6月の株主総会で提案する。
 合わせて中期経営計画(05~08年度)も策定。炭酸飲料の賞味期限を延ばすペットボトル用のポリグリコール酸樹脂をはじめとする新製品や、慢性腎不全治療薬の中国での発売などにより、08年度に連結で売上高1800億円、営業利益200億円を目指す。04年度は連結で売上高1370億円、営業利益105億円を見込む。 (引用:朝日新聞)
一般的にはクレラップが有名でしょうか。名前を変更するとのこと。呉羽化学ときくとなんとなく広島県の呉市が思い浮かんでしまって、瀬戸内海の島々にあるのかなあと思ってしまいます。(苦笑) 本当は、分社前の会社呉羽紡績からで、その呉羽紡績は富山県の呉羽町という場所にあったからということらしいですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…
  2. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  3. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Orga…
  4. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  5. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  6. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  7. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  8. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  2. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  3. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  4. Christoph A. Schalley
  5. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  6. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  7. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  8. ストックホルム市庁舎
  9. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  10. 縮合剤 Condensation Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP