[スポンサーリンク]

危険物取扱者

危険物に関する法令:危険物の標識・掲示板

[スポンサーリンク]

掲示板

掲示板は具体的な注意事項や貯蔵又は取扱最大数量等を表示するもので、作り方は表1の通りである。

大きさはすべて、幅0.3m以上、長さ0.6m以上に決められている。

掲示板
色・特徴 地:赤
文字:白
地:赤
文字:白
地:青
文字:白
地:黄赤
文字:黒
危険物の類、品名、貯蔵又は取扱最大数量、指定数量の倍数、危険物保安監督者の氏名又は職名を表記する。
表示する危険物 第二類:引火性固体をのぞくすべて 第二類:引火性固体

第三類:自然発火性物品、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りん

第四類

第五類

第一類

第三類:禁水性物品、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム

表1 危険物掲示板の例

標識

標識はそこにどんな危険物施設があるかを表すものであり、製造所等用と移動タンク貯蔵所用の標識がある。

製造所等用

地=白色、文字=黒色、幅0.3m以上、長さ0.6m以上の板に、製造所等の名称を記載する。(図1)

図1 製造所等の標識例

移動タンク貯蔵所

地=黒色 文字=黄色(反射塗料等で「危」と記す)、0.4m平方で車両の前後の見やすい個所に掲げる。(図2)

車両で運搬する場合は0.3m平方でよい。

図2 移動タンク貯蔵所の標識例

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 乙種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  2. 甲種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  3. 合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~
  4. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)
  5. 危険物に関する法令:点検・設備・保安距離
  6. 危険物データベース:第2類(可燃性固体)
  7. 危険物データベース:危険物に関する基礎知識
  8. 危険物に関する法令:指定数量の覚え方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―
  2. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  3. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  4. 【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?
  5. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  6. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  7. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  8. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate
  9. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?
  10. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP