[スポンサーリンク]

archives

活性マグネシウム

[スポンサーリンク]

  
Aldrich
活性マグネシウム: Highly Reactive RiekeRMetal, suspension, 2.5 g in tetrahydrofuran
分子量:24.31
CAS: 7439-95-4
製品コード: 499579
値段:  100 mL 79,900円(2008.10.22 現在)
用途:金属
説明: Riekeマグネシウムは低温で反応するため分解や副反応が抑えられ、合成できるグリニャール試薬の種類が劇的に増える。
その他のGrignard試薬関連記事:
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  4. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  5. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  6. A-Phosパラジウム錯体
  7. 田辺シリル剤
  8. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  2. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  3. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  6. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  7. “follow”は便利!
  8. 熊田 誠 Makoto Kumada
  9. 第35回構造有機化学討論会
  10. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP