[スポンサーリンク]

archives

活性マグネシウム

  
Aldrich
活性マグネシウム: Highly Reactive RiekeRMetal, suspension, 2.5 g in tetrahydrofuran
分子量:24.31
CAS: 7439-95-4
製品コード: 499579
値段:  100 mL 79,900円(2008.10.22 現在)
用途:金属
説明: Riekeマグネシウムは低温で反応するため分解や副反応が抑えられ、合成できるグリニャール試薬の種類が劇的に増える。
その他のGrignard試薬関連記事:
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  2. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…
  3. C60MC12
  4. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  5. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  6. GlycoProfile アジド糖
  7. 有用なりん化合物
  8. キラルオキサゾリジノン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  2. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  3. 最長のヘリセンをつくった
  4. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  5. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  6. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  7. 『分子標的』に期待
  8. 標準物質ーChemical Times特集より
  9. アフリカの化学ってどうよ?
  10. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP