[スポンサーリンク]


イギリス

  1. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

    第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し、新しい合成法、特にリンや硫黄を含む合成法と、転位や不斉合成に取り組んでいます。残念ながら昨年3月に亡くなりました。それではインタビ…

  2. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

    第135回の海外化学者インタビューはデヴィッド・アンドリュー教授です。イースト・アングリア大学化学科…

  3. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

    第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

  4. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

    第122回の海外化学者インタビューは、イアン・フレミング教授です。ケンブリッジ大学の名誉教授であり、…

  5. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

    第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

  6. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  7. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

  8. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

  9. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  10. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

  11. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士

  12. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  13. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

  14. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

  15. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

  16. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット
  2. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応
  3. Arborisidineの初の全合成
  4. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  5. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう
  6. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  7. ハウアミンAのラージスケール合成

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

PAGE TOP