[スポンサーリンク]


イギリス

  1. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師

    第152回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ミラー講師です。インペリアル・カレッジ・ロンドン化学科に所属し、陽電子放出断層撮影法(PETイメージング)分野における放射性同位体元素の応用を指向した高速化学の開発に取り組んでいます。それで…

  2. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

    第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

  3. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

    第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

  4. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

    第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

  5. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

    第135回の海外化学者インタビューはデヴィッド・アンドリュー教授です。イースト・アングリア大学化学科…

  6. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

  7. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

  8. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

  9. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  10. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

  11. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

  12. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  13. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

  14. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士

  15. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  16. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 239th ACS National Meeting に行ってきた
  2. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  3. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  4. 2012年イグノーベル賞発表!
  5. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  6. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP