[スポンサーリンク]


イギリス

  1. 第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

    第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン化学科に所属し、生細胞における色素の光物理学、分光学、蛍光イメージングを研究しています。それではインタビューをどうぞ。  (さらに&…

  2. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師

    第152回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ミラー講師です。インペリアル・カレッジ・ロンドン化…

  3. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

    第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

  4. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

    第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

  5. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

    第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

  6. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

  7. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

  8. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

  9. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

  10. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

  11. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

  12. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

  13. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  14. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

  15. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士

  16. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチル-2-プロペニリデン]マロノニトリル : trans-2-[3-(4-tert-Butylphenyl)-2-methyl-2-propenylidene]malononitrile
  2. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  3. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料
  4. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?
  6. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  7. 「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

PAGE TOP