[スポンサーリンク]


イギリス

  1. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

    第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタンパク質・核酸化学部門に所属し、生命化学と生物工学に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

    第122回の海外化学者インタビューは、イアン・フレミング教授です。ケンブリッジ大学の名誉教授であり、…

  3. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

    第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

  4. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

    第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

  5. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

    第105回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ウェラー教授です。オックスフォード大学化学科に所…

  6. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

  7. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

  8. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

  9. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士

  10. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  11. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

  12. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

  13. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

  14. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

  15. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

  16. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  2. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  4. 抗生物質の話
  5. 学振申請書の書き方とコツ
  6. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  7. ネバー転位 Neber Rearrangement

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP