[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

[スポンサーリンク]

第97回の海外化学者インタビューは、ジュリー・マクファーソン教授です。ワーウィック大学化学科に所属し、新しいイメージング技術とセンシングアプリケーションのための炭素系材料の開発と応用に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

幼い頃から、自分の身の回りにあるものがどのように機能しているのか、なぜ空は青いのか、そんなことにとても興味を持っていました。ですから、学校で科学の勉強をするようになったことは、私にとっても両親にとっても何の驚きもありませんでした。その前には、粗末な電子オルガンを 作ろうとしていた時、寝室のカーペットの表面を熱いハンダで焦がしてしまったので、交換してもらってもいましたね。

科学を中心とした何かをすることになるだろうと思っていましたが、博士号を取得するまでは、実際に自分が学者になるのに十分な能力を持っているとは思っていませんでした。大学では物理と化学のどちらを専攻するかを決めるのに苦労しましたが(どちらも好きだったので)、結局は境界横断研究ができる化学を選びました。にもかかわらず、最近では物理と生物学の両方にかなり手を出していて、本当に自分には合っていると思います。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

自らの性格のもっと芸術的な側面に関わるようなことをしたいと思っています。自分はとても視覚優位な人間であり、創造的な芸術はとてもパワフルで、感情的で、魅力的なものです。想像力をかきたてられた時には、彫刻にも挑戦してみたいと思っていました。ずっと前に非科学的な小説を書き始めましたが、完成させることはできませんでした。文学の道が自分に向いていたかどうかは、絶対にわからないでしょう!

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

いろんな方法があると思います。 自分の主な役割の一つは、次世代の学生に知識と学習意欲を植え付け、創造的な思考の仕方、そして重要な研究の仕方を教える教育者としての役割だと考えています。 もちろん、それと同じくらい重要なのは研究です。研究は非常に重要で、現在の問題に大きな影響を与えます。例えば、私たちの社会を苦しめる病気を治す医薬品の生産、エネルギー危機の代替的な解決策を提供する新素材の発見などです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

科学者を挙げるべきかと思いますが、一番会いたいと思っているのはオーギュスト・ロダンです。彼の彫刻は本当に素晴らしいもので、人間の形状の中に多くの感情が込められています。芸術については、作品を制作した人を知れば知るほど、作者自身の多くが作品の中に具現化されているがゆえに、より深く理解し、評価できることに気づくことがよくあります。この記述は、たぶんほとんどの科学者にも当てはまると思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

実際に実験されているのを見たり、学生と結果について話し合ったりするのがこの仕事の醍醐味なので、ほとんどの日は研究室に入るようにしています。しかし、数年前から(最初から最後まで)自分で実験を行っていません。自分の手を汚すことは厭いませんし、しばしば機器の一部を修理したり、実験の助けになっていることを学生達は分かっているでしょう。学生達にはいつも、気を散らすことなく一つのことに集中できるので、博士号を取得することは、科学的キャリアの中で最高の時間の一つであることを教えています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本はダンテ・アリギエーリの『神曲』を持っていくと思います。

20代前半の頃に初めてこの本を読んだのですが、メッセージの中に多くのメッセージが込められていたので、「インフェルノ」の隠された意味や象徴性を理解するのに長い時間がかかりました。ダンテとバージルが煉獄に入るまで置いてけぼりでした。 無人島で時間が許せば、煉獄を通り抜けて楽園に行き、最終的にダンテのベアトリーチェに会えるでしょう。

音楽の好みが幅広いので、CDはちょっと難しいですが、Mobyの『Play』は気分を高揚させてくれるかもしれません。

原文:Reactions – Julie MacPherson

※このインタビューは2009年1月2日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David …
  2. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina …
  3. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  4. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zha…
  5. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis…
  6. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  7. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教…
  8. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  2. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  3. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  4. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  5. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  6. シクロクラビン cycloclavine
  7. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  8. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成
  9. 日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  10. 昭和電工、青色LEDに参入

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP