[スポンサーリンク]


イギリス

  1. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

    第82回の海外化学者インタビューは、マイケル・ハーディー教授です。リーズ大学化学科に所属し、金属超分子化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェ…

  3. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

    第68回の海外化学者インタビューは、キャメロン・アレキサンダー教授です。英国ノッティンガム大学薬学部…

  4. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

    第67回の海外化学者インタビューは、ポリー・アーノルド教授です。イギリスのエディンバラ大学化学科に所…

  5. 第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

    第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

  6. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

  7. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授

  8. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授

  9. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

  10. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

  11. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授

  12. 第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

  13. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

  14. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

  15. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

  16. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系ラボの3Dプリンター導入ガイド
  2. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  3. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  5. 最近の有機化学注目論文1
  6. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  7. 化学探偵Mr.キュリー7

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP