[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

[スポンサーリンク]

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注:現在はブリストル大学)に所属し、分子を構築するための新しい方法、特に形状や柔軟性の制御を可能にする方法を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

10代の頃、単純なルールがぶつかり合って複雑なものへと成長していく様に魅了されていました。 科学でも音楽でも言語でも・・・。もともとは分子生物学を志していましたが、大学1年生の時に有機物の仕組みに出会ったことをきっかけに化学に転向しました。機械論的な説明がフラスコの中でも細胞の中でも同じように適用されることに興味を持ち、化学の自由かつ建設的なところに魅力を感じました。紙に構造を書いて、分子を作る方法を研究室で計画できるのは、 とても魅力的です。今は、同じような機械論的なルールをねじ曲げて、それがいつ破られるかを確認することに多くの時間を費やしています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

物を育てて料理します。たぶん1910年頃の、エドワード朝の紳士農夫の生活ですね。海の遠景、大規模な温室、豊かな菜園を備えた控えめな地所・・・魅力的です。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

今、グループで最も進んでいる領域は、長距離にわたって分子の形状を制御する方法の発見です。これにより、新たなクラスの人工受容体を作ることができ、ナノメートルスケールで使用可能なシグナル伝達システムを開発可能と考えています。また、リチウムや炭素の化合物も研究しています。これらの化合物は、ある種の溶媒中では非常に不可解な振る舞いをします。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

7~8世紀のサクソン人の時代は、イギリスの歴史の中でも特に注目されています。8世紀の科学者、音楽家、私立探偵、歴史家、物議を醸した神学者、旅行者、そして当時の社会の発展を記録した作家であるベーダは、魅力的なディナーの客となるでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

アセトニトリルのリッター反応は、嵩高いアミンを作るための素晴らしい方法です。驚くほど発熱するので、5℃以下で実施しなければなりません。電話が鳴るまで、すべてがうまくいっていました。私が戻ったときには、黒くて粘着質なポリマーの泡でいっぱいになったドラフトを学生が押さえ込もうとしていました。悲しいかな、研究グループの運営は、有能な実験化学者であることとは多かれ少なかれ相容れないないものです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

John Irvingの『The World According to Garp』にします。人生における多くのことが、その寛大なる乱雑さを備えた作品の中に潜んでいます。

マーラーの『交響曲第2番』も同じく良いですが、ベルクの『ヴァイオリン協奏曲』の破砕的な美しさと併せて楽しみたいですね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者を教えてください。

イアン・フレミングです。

原文:Reactions –  Jonathan Clayden

※このインタビューは2009年4月3日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua…
  2. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Caroly…
  3. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚…
  4. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pic…
  5. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David …
  6. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  7. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川…
  8. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  2. イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発
  3. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  4. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  5. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  6. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  7. 環状ビナフチルオリゴマーの大きさが円偏光の向きを変える
  8. 分子研オープンキャンパス2022 参加登録受付中!
  9. ケミカル数独
  10. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP