[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

[スポンサーリンク]

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注:現在はブリストル大学)に所属し、分子を構築するための新しい方法、特に形状や柔軟性の制御を可能にする方法を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

10代の頃、単純なルールがぶつかり合って複雑なものへと成長していく様に魅了されていました。 科学でも音楽でも言語でも・・・。もともとは分子生物学を志していましたが、大学1年生の時に有機物の仕組みに出会ったことをきっかけに化学に転向しました。機械論的な説明がフラスコの中でも細胞の中でも同じように適用されることに興味を持ち、化学の自由かつ建設的なところに魅力を感じました。紙に構造を書いて、分子を作る方法を研究室で計画できるのは、 とても魅力的です。今は、同じような機械論的なルールをねじ曲げて、それがいつ破られるかを確認することに多くの時間を費やしています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

物を育てて料理します。たぶん1910年頃の、エドワード朝の紳士農夫の生活ですね。海の遠景、大規模な温室、豊かな菜園を備えた控えめな地所・・・魅力的です。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

今、グループで最も進んでいる領域は、長距離にわたって分子の形状を制御する方法の発見です。これにより、新たなクラスの人工受容体を作ることができ、ナノメートルスケールで使用可能なシグナル伝達システムを開発可能と考えています。また、リチウムや炭素の化合物も研究しています。これらの化合物は、ある種の溶媒中では非常に不可解な振る舞いをします。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

7~8世紀のサクソン人の時代は、イギリスの歴史の中でも特に注目されています。8世紀の科学者、音楽家、私立探偵、歴史家、物議を醸した神学者、旅行者、そして当時の社会の発展を記録した作家であるベーダは、魅力的なディナーの客となるでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

アセトニトリルのリッター反応は、嵩高いアミンを作るための素晴らしい方法です。驚くほど発熱するので、5℃以下で実施しなければなりません。電話が鳴るまで、すべてがうまくいっていました。私が戻ったときには、黒くて粘着質なポリマーの泡でいっぱいになったドラフトを学生が押さえ込もうとしていました。悲しいかな、研究グループの運営は、有能な実験化学者であることとは多かれ少なかれ相容れないないものです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

John Irvingの『The World According to Garp』にします。人生における多くのことが、その寛大なる乱雑さを備えた作品の中に潜んでいます。

マーラーの『交響曲第2番』も同じく良いですが、ベルクの『ヴァイオリン協奏曲』の破砕的な美しさと併せて楽しみたいですね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者を教えてください。

イアン・フレミングです。

原文:Reactions –  Jonathan Clayden

※このインタビューは2009年4月3日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather M…
  2. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…
  3. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Caroly…
  4. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  5. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Ma…
  6. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Cat…
  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…
  8. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Wate…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 石谷 治 Osamu Ishitani
  2. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  3. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  4. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  5. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)
  6. 分子モーター Molecular Motor
  7. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ
  8. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  9. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  10. 風力で作る燃料電池

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP