[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

    概要ステファン・B・H・ケント(Stephen B. H. Kent、1945年12月12日(ウェリントン、ニュージーランド生)-)は、アメリカの化学者である。シカゴ大学教授。(写真:Angewandte Author Profile)…

  2. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

    25回目のインタビュー。今回は第7回の杉本先生、第21回の深瀬先生からの紹介で、…

  3. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

    内容近年の生命科学と創薬科学の進歩に基づいて登場した多数のペプチド性医薬品は生理学的、病理学…

  4. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

    対象構造生物学を勉強する学生、とくにタンパク質の機能について、分子構造レベルから基礎的知識を…

  5. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

    概要セリン・スレオニン残基側鎖のヒドロキシル基においてエステル結合へと異性化したペプチドをO-ア…

  6. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

  7. 生体共役反応 Bioconjugation

  8. 菅裕明 Hiroaki Suga

  9. エドマン分解 Edman Degradation

  10. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  11. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

  12. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)

  13. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis

  14. アジリジンが拓く短工程有機合成

  15. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

  16. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  2. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  3. ストックホルム市庁舎
  4. 宮沢賢治の元素図鑑
  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  6. 計算化学記事まとめ
  7. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2019年版】

注目情報

最新記事

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

PAGE TOP