[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

    概要液相ペプチド合成(liquid-phase peptide synthesis, LPPS ) は固相合成法に比べて試薬使用量が少なく、生成物の純度・スケールアップ・コストの面で利点がある。しかし後処理や精製の面で煩雑となることが多…

  2. 生体共役反応 Bioconjugation

    概要生体共役反応(Bioconjugation)とは、2つの生体関連分子を共有結…

  3. 菅裕明 Hiroaki Suga

    菅裕明 (すが ひろあき、1963年2月21日-)は、日本の生化学者である。東京大学理学部化学科教授…

  4. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

    ペプチド固相合成法(Solid-Phase Peptide Synthiesis, SPPS)は、ペ…

  5. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

    Science Expressで取り上げられたJorn Pielらによる海洋天然物ポリセオナミド polytheonamidesの生合成研究。

  6. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis

  7. アジリジンが拓く短工程有機合成

  8. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

  9. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  2. コランヌレン : Corannulene
  3. プロドラッグって
  4. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  6. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  7. 実験器具・設備の価格を知っておきましょう

注目情報

最新記事

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

PAGE TOP