[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

    第29回の海外研究者インタビューは、Rein Ulijn教授です。Ulijin教授はマンチェスター大学の材料学部とマンチェスター学際的生物学センター(MIB)に所属し、生物医学・技術応用のため、ペプチドベースのナノマテリアルの設計に取り組ん…

  2. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

    第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

  3. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

    第58回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・博士課程3年の関陽平…

  4. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

    「ケムステ海外研究記」の第4回目は、ライス大学化学科・大学院生の大畠 潤さんにお願いしました。…

  5. 特殊ペプチド Specialty Peptide

    特殊ペプチドとは、生体内タンパク質を構成する20種類のL-アミノ酸だけではなく、特殊アミノ酸と呼ばれ…

  6. アミロイド線維を触媒に応用する

  7. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  8. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  9. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  10. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  11. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

  12. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  13. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

  14. 生体共役反応 Bioconjugation

  15. 菅裕明 Hiroaki Suga

  16. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 銀を使ってリンをいれる
  2. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  3. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  4. Chem-Station開設5周年へ
  5. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  6. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  7. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP