[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

    ルイス・A・カルピノ(Louis A. Carpino、××年×月×日-、アイオワ州出身)は米国の有機化学者である。マサチューセッツ大学アマースト校 名誉教授。経歴1950年 アイオワ大学 卒業1953年 アイオワ大学 博士号取…

  2. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  3. ザック・ボール Zachary T. Ball

    ザッカリー・T・ボール(Zachary T. Ball, 19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化…

  4. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

    ホウ素第85回のスポットライトリサーチは、微生物化学研究所(柴崎研究室)・野田秀俊 博士にお願いしま…

  5. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

    第79回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム(沼田研究…

  6. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

  7. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  8. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

  9. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  10. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  11. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  12. アミロイド線維を触媒に応用する

  13. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  14. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  15. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  16. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  2. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  6. 化学は切手と縁が深い
  7. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

PAGE TOP