[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

    フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペインの有機化学者である。バルセロナ大学 教授。(引用:ub.edu) (さらに…)…

  2. ステープルペプチド Stapled Peptide

    ステープルペプチド(Stapled Peptide)とは、短鎖ペプチドの二次構造を安定化させる目的で…

  3. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

    ライス大学・Zachary T. Ballらは、Cu(II)を利用したアリール/アルケニルボロン酸と…

  4. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

    ルイス・A・カルピノ(Louis A. Carpino、××年×月×日-、アイオワ州出身)は米国の有…

  5. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  6. ザック・ボール Zachary T. Ball

  7. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  8. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  9. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

  10. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  11. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

  12. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  13. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  14. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  15. アミロイド線維を触媒に応用する

  16. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』
  2. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  3. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  4. その反応を冠する者の名は
  5. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  6. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  7. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

注目情報

最新記事

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

PAGE TOP