[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合成法を開発した.“One-pot synthesis of alternating peptides exploiting a new …

  2. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  3. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

    2016年、江西師範大学のJunfeng Zhaoらは、イナミドを縮合剤として用いることで、一切の添…

  4. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

  5. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  6. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  7. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  8. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  9. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  10. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  11. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  12. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  13. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  14. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  15. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  16. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent
  3. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  4. 最近の金事情
  5. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  7. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP