[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェスター学際バイオセンターに所属し、自然界がどのようにして自己組織化を利用して機能性ナノマテリアルを生成するのかを理解し、これを合成システムで…

  2. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

    第253回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(藤田研究室)・猪俣 祐貴さんにお願…

  3. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

    サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

  4. 巻いている触媒を用いて環を巻く

    ペプチドフォルダマーを触媒に用いた大環状化合物構築法が報告された。フォルダマーのらせん構造およびアミ…

  5. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

  6. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  7. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

  8. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

  9. ペプチドの革新的合成

  10. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!

  11. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  12. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

  13. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

  14. 渡辺化学工業ってどんな会社?

  15. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

  16. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  2. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  3. フラーレン:発見から30年
  4. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  5. 液クロ虎の巻シリーズ
  6. ウランガラス
  7. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを軽減と発表

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP