[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レドックス―ニッケル協働触媒系を用いて、ハロゲン化アリールによるシステイン側鎖修飾反応を達成した。“Scalable thioarylati…

  2. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

    第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

  3. 渡辺化学工業ってどんな会社?

    私たちの体のたんぱく質や最近よく聞くペプチドなどの最小構成成分である“アミノ酸”。アミノ酸は私たちの…

  4. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合…

  5. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  6. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

  7. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  8. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  9. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  10. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  11. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  12. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  13. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  14. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  15. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  16. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  2. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  3. クリックケミストリー / Click chemistry
  4. ロンドン・サイエンスミュージアム
  5. 日米の研究観/技術観の違い
  6. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  7. 構造生物学

注目情報

最新記事

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

PAGE TOP