[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11月3日-)は、イギリスの化学者である。ニューヨーク大学学長、オックスフォード大学元学長、イエール大学元学長 (写真:Yale alumni …

  2. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  3. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

    2014年、東京大学の藤田誠・澤田智久らは、短鎖ペプチドをリンカーとする配位高分子錯体を合成し、その…

  4. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

    スイス連邦工科大学チューリヒ校・Erick M. Carreiraらは、ペプチド等価体の一つであるオ…

  5. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

    ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

  6. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  7. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

  8. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  9. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

  10. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  11. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  12. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

  13. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

  14. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

  15. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

  16. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  2. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発
  3. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  4. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウムクロリド / 3-Benzyl-5-(2-hydroxyethyl)-4-methylthiazolium Chloride
  5. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  6. 海外のインターンに参加してみよう
  7. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

PAGE TOP