[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レドックス―ニッケル協働触媒系を用いて、ハロゲン化アリールによるシステイン側鎖修飾反応を達成した。“Scalable thioarylati…

  2. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

    第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

  3. 渡辺化学工業ってどんな会社?

    私たちの体のたんぱく質や最近よく聞くペプチドなどの最小構成成分である“アミノ酸”。アミノ酸は私たちの…

  4. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合…

  5. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  6. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

  7. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  8. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  9. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  10. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  11. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  12. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  13. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  14. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  15. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  16. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  2. 駅トイレ光触媒で消臭
  3. 昇華の反対は?
  4. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  6. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  7. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP