[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

    コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度の夏以降に開催される学会はほぼ全てオンラインで開催されることとなり、今後もこのような形式のシンポジウムが数多く開催されていくでしょう。…

  2. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

    第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

  3. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  4. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェ…

  5. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

    第253回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(藤田研究室)・猪俣 祐貴さんにお願…

  6. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  7. 巻いている触媒を用いて環を巻く

  8. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

  9. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  10. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

  11. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

  12. ペプチドの革新的合成

  13. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!

  14. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  15. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

  16. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement
  2. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  4. プロリン ぷろりん proline
  5. Gabriel試薬類縁体
  6. 化学と株価
  7. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP