[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選択的を実現でき、均質な修飾体を与える事が出来る。また、修飾に伴う高次構造への影響も少ない。加えておよそ80%のタンパク質においては、N末端が…

  2. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  3. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

  4. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)は自然界における存在比率が低く、側鎖(SH基)のpKaが低く…

  5. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

    チロシン(Tyrosine, Tyr)はリジン(Lys)やシステイン(Cys)ほど側鎖の反応性が高く…

  6. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  7. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  8. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  9. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  10. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  11. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  12. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  13. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  14. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  15. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  16. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  2. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  3. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  4. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  5. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring
  6. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  7. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

PAGE TOP