[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. バイオ医薬 基礎から開発まで

    概要2018年のノーベル生理学・医学賞が抗PD-1抗体を用いた免疫療法に授与されたように,近年,抗体医薬を代表とするバイオ医薬が注目されている.本書は学部学生や大学院生でも興味をもって通読できるように編集された「バイオ医薬」に関する…

  2. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

    コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

  3. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

    第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

  4. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  5. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェ…

  6. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

  7. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  8. 巻いている触媒を用いて環を巻く

  9. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

  10. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  11. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

  12. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

  13. ペプチドの革新的合成

  14. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!

  15. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  16. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  2. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ
  3. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  4. 無保護アミン類の直接的合成
  5. 博士課程と給料
  6. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  7. アルケンとCOとジボロンからジボリルシクロプロパンを作る

注目情報

最新記事

4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

第 296 回のスポットライトリサーチは、東京大学塩谷研究室で博士号を取得され、現在は京都大学寺西研…

ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

<内容>ご好評につき、先月と同じ内容のウェブセミナーを開催!事業・開発課題の一ソリュ…

銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

Tshozoです。先日ケムステスタッフの方が気になる関連論文を紹介されていましたので書くこととしまし…

富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

ケムステVシンポとともにケムステオンライン講演会の両輪をなすケムステVプレミアクチャー(Vプレレク)…

PAGE TOP