[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

化学合成で「クモの糸」を作り出す

[スポンサーリンク]

第79回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム(沼田研究室)・土屋康佑 上級研究員にお願い致しました。

土屋さんの所属する沼田研究室は、機能性高分子材料としての「ポリアミノ酸」の合成法開発と機能開拓研究に精力的に取り組んでおられます。今回紹介する研究はその流れの中で、「クモの糸」の構造を模した高分子材料を酵素合成によって作り上げた成果です。プレスリリース・原著論文として公開されていました。

“Chemical Synthesis of Multiblock Copolypeptides Inspired by Spider Dragline Silk Proteins”
Tsuchiya, K.; Numata, K. ACS Macro Lett. 2017, 6, 103. DOI: 10.1021/acsmacrolett.7b00006

研究室を主宰される沼田圭司チームリーダーは、土屋さんを以下の様に評しておられます。

土屋さんは、非常に温厚かつ平等で、ラボメンバーとも上手く仕事を進めています。最近、土屋さんの特殊な能力として強く感じる点は、異分野の研究内容を理解する速度が他のメンバーと比べて格段に速いという点です。うちの研究室では、高分子科学と植物科学の融合をテーマに研究を進めていますが、両方を理解しているメンバーはいません。しかしながら、土屋さんは両方に寄与することができる最初の人材になるかもしれません。今回の研究では、東工大上田先生の研究室で習得された重縮合の知見を利用して、当研究室の酵素重合を拡張してくれました。今後は、高分子合成技術を利用して、植物科学や構造タンパク質の分野にブレイクスルーを起こすライジングスターになるでしょう。

Q1. 今回のプレス対象となったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

クモの牽引糸は鋼鉄に匹敵する高い強度を持ちながら延伸性の良い生体由来の高タフネス材料です。しかし、天然由来のクモ糸を家畜化して集めるのは至難の業です。実際に当研究室でもジョロウグモを飼育していますが、すぐに共食いをしてしまいます。そこで、化学合成的な手法を使って、低コストで人工的にクモ糸様の高分子材料を合成することができれば面白いと考えました。

クモ牽引糸が高強度を示す理由はクモ糸タンパク質の持つユニークなアミノ酸配列にあります。ポリアラニン配列とグリシンを多く含む配列が交互に繰り返される部分が多くを占め、これがポリアラニン由来の硬いβシート構造を基とした高次構造を作り上げます。本研究では、この一次構造をマルチブロックポリペプチドとして捉え、二段階の合成手法によりクモ糸タンパク質に類似した構造を持つ高分子を合成した結果、クモ糸と似た二次構造を形成することを見出しました。

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

本研究で用いている酵素重合法はアミノ酸エステルをモノマーとしてポリペプチドを合成する手法です。NCAの開環重合のように高重合体を得ることは難しいですが、タンパク質の部分構造であるペプチドモチーフ程度の分子を合成するのに好都合でした。水系で反応が進行する非常にクリーンな合成法で、今後の持続可能社会に向けた高分子産業において非常に魅力的な手法だと思っています。

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

ポリペプチドは二次構造をはじめとした様々な高次構造を形成するため、側鎖や末端部位での化学反応へ大きく影響を及ぼすことがあります。今回の高分子合成でも、βシートを形成しやすいポリアラニンの溶解性の悪さもあり、フラグメント間の縮合反応がなかなかうまくいきませんでした。様々な縮合剤や重合条件など試行錯誤の結果、分子量はまだまだ天然のクモ糸に比するに至りませんがマルチブロックコポリマーを合成することができました。

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

実はポリペプチドなどのバイオ高分子を研究対象とするようになったのは理研に来てからで、以前は電子デバイスへの応用に向けた高分子合成に携わっていました。今は応用分野に特にこだわりはなく、ワクワクするような高分子材料を合成することで様々な分野で社会貢献できればと思います。

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

私はこれまでいくつかの大学に所属し、その先々で全く異なる研究テーマに従事してきました。その中でいろいろと浮き沈みがありましたが、今思うのはこれまでに経験してきた事は決して無駄にはならず、必ず何かの局面で武器になりうるということです。現在所属している理研の研究室はクモ糸だけでなく様々な植物を扱う研究も行っており、非常に学際的な研究環境にいます。高分子化学を専門としている身としてよい刺激を受けつつ、自分の持ち味を研究に生かせていると感じています。皆さんも、研究生活の中でうまくいかない事も多いと思いますが、必ず次につながると信じて頑張ってください。

関連リンク

研究者の略歴

土屋 康佑(つちや こうすけ)

理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム・上級研究員

現在のテーマ:酵素反応を利用した人工構造タンパク材料の開発

略歴:2007年3月に学位取得(東京工業大学大学院有機・高分子物質専攻 上田充研究室)。その後東京農工大学助教、近畿大学分子工学研究所助教などを経て現職。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Ch…
  2. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  3. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  4. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  6. SciFinder Future Leaders in Chem…
  7. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  8. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  2. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  3. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  4. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  5. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  7. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ
  8. 福山透 Tohru Fukuyama
  9. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授
  10. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

注目情報

最新記事

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP