[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

    ジェフリー・W・ボーディ (Jeffrey W. Bode、19xx年x月x日-)は、スイスの有機化学者である。スイス連邦工科大学チューリヒ校 教授。(写真:名大ITbM) (さらに…)…

  2. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

  3. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

    第95回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院農学生命科学研究科・尾仲宏康研究室の山下湖奈さんと…

  4. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

    トロント大学・Andrei Yudinらは、鎖状ペプチド両端を1,3,4-オキサジアゾール(odz)…

  5. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

    第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

  6. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

  7. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

  8. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  9. ステープルペプチド Stapled Peptide

  10. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  11. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

  12. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  13. ザック・ボール Zachary T. Ball

  14. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  15. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  16. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  2. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  3. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  4. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  5. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  6. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開
  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP