[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

    トリプトファン(Tryptophan, Trp)は90%のタンパク質中に含まれる疎水性アミノ酸である…

  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

    2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

  4. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

    厦門大学・Chuanliu Wuらは、2つのシステインと2つのペニシラミンを導入したペプチドに対して…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  8. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  9. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  10. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  11. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

  12. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  13. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

  14. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  15. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  16. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?
  2. 水と塩とリチウム電池 ~リチウムイオン電池のはなし2にかえて~
  3. 有機反応機構の書き方
  4. 人と人との「結合」を「活性化」する
  5. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  6. 最近の有機化学注目論文1
  7. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP