[スポンサーリンク]


ペプチド

  1. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

    2016年、江西師範大学のJunfeng Zhaoらは、イナミドを縮合剤として用いることで、一切の添加剤を必要とせず、ラセミ化フリーでペプチドを合成することに成功した。単純なアミドやジペプチドの合成だけでなく、ペプチドのセグメント縮合にも応…

  2. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

  3. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  4. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

  5. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)は自然界における存在比率が低く、側鎖(SH基)のpKaが低く…

  6. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  7. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  8. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  9. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  10. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  11. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  14. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  15. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  16. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法
  2. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  3. ヘム獲得系のハイジャックによる緑膿菌の選択的殺菌法
  4. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  5. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】
  7. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP