[スポンサーリンク]


創薬

  1. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

    今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤となる可能性のある化合物を見つけたというお話です。Late-Stage-Functionalization(LSF:合成終盤での官能基変…

  2. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

    表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

  3. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  4. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発

    第74回のスポットライトリサーチは、京都府立医科大学医学部医学科鈴木研究室の博士課程大学院生である太…

  5. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~

    内容医薬品開発に携わる多くの研究者にメディシナルケミストリーの本質と全体像を明らかにした本書…

  6. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学

  7. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  8. 創薬開発で使用される偏った有機反応

  9. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)

  10. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 遠藤章 Akira Endo
  2. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
  3. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  4. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  5. 生理活性物質? 生物活性物質?
  6. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  7. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

PAGE TOP