[スポンサーリンク]

archives

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

[スポンサーリンク]

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster TOKYOでは、創薬・医療系のベンチャーや起業を目指す方々の支援を行ってきました。

今回のビジネスプラン発表会(オンライン開催)では、選抜プログラムにおいて支援を受けたチームによるビジネスプランの英語でのピッチを行います。

また、当日は ARCH Venture Partners のCo-founder, Managing Director であるキース・クランデル氏による基調講演もございます。 

・創薬・医療系ベンチャー企業に所属されている方

・将来ベンチャー起業を志す方

・ベンチャーへの投資をご検討の方

・創薬・医療系ベンチャーとの連携にご関心のある方

等、多くのにご参加頂けると幸いです。

次世代の創薬・医療系ベンチャーの活躍をご覧いただくとともに、創薬・医療系ベンチャーの事業内容を知り、投資や支援を行う機会に繋げていただければと思います。

ビジネスプラン発表会の概要

日程:2021年3月3日(水)

開催:13:00〜17:00(JST)

使用言語:英語(同時通訳あり)

当日スケジュール:

13:00∼13:05 開会・イベントの概要説明

13:10~13:50 キース・クランデル氏による基調講演

13:50~16:50 英語ピッチ発表(各チーム10分程度)

16:50~17:00 閉会の挨拶

Keith Crandell氏

登壇予定チーム

チーム名 事業概要
リベロセラ株式会社 膜タンパク質GPCRをターゲットにした創薬事業
ゲートエフェクト 分子インプリント高分子による血中薬剤濃度モニタリング用センサチップの開発
Nexuspiral株式会社 オリゴ核酸のみを用いた遺伝子編集技術をもとにした遺伝性希少疾患治療薬の創出
Veneno Technologies株式会社 イオンチャネルをターゲットにした高中分子ペプチド創薬
BRIファーマ 神経変性疾患の新規治療薬の開発、個別化診断事業
STAND Therapeutics株式会社 細胞内抗体STAND Technologyを用いた創薬開発事業
CrestecBio 虚血性脳卒中に対するレドックスナノ粒子治療薬の開発
KITASAN(from 北里大学) トリプルネガティブ乳がんに対する革新的治療方法の開発
OTS-probes 腫瘍由来循環DNAによる治療後モニタリングサービスの開発
株式会社ジョリーグッド VRとAIによるうつ病などの精神疾患を対象としたデジタル治療法の開発
株式会社Elixir Pharma サルコペニア治療剤の開発
アクシオンリサーチ株式会社 AIによる健康度と疾患リスク予測推定技術と情報プラットフォームの開発
株式会社ベスプラ 脳科学研究を基にしたMCI治療アプリの開発
Craif株式会社 尿中エクソソーム検出による高精度がん診断、創薬支援事業
セル マテリアルズ iPS細胞由来の骨補填材による再生医療材料の開発
匿名チーム(B) 難聴とギャップ結合をターゲットにした遺伝子治療および創薬事業

 

視聴方法:イベントページからお申込みください

お申し込みはこちら!

主催者:東京都

運営事務局:Beyond Next Ventures 株式会社

費用:無料

※公式ホームページにて、登壇チームのWebアクセスもしくは事業概要資料を掲載予定です。

※ライブ配信は、当日、公式 HP からご覧になれます。

【お問い合わせ】

Blockbuster TOKYO 運営事務局(Beyond Next Ventures株式会社内)
E-mail:info@blockbuster.tokyo
https://www.blockbuster.tokyo

*本記事はBeyond Next Ventures株式会社が運営する講座の会告です。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製薬会社のテレビCMがステキです
  2. 天然階段状分子の人工合成に成功
  3. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  4. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで3 |第8回「有機合…
  5. 論文執筆&出版を学ぶポータルサイト
  6. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  7. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  8. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction
  2. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  3. シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】
  4. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation
  5. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  6. 石見銀山遺跡
  7. YMC研究奨励金当選者の声
  8. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  9. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  10. 【第二回】シード/リード化合物の合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

注目情報

最新記事

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前、手塚治虫氏の作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載ってい…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP