[スポンサーリンク]

archives

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

[スポンサーリンク]

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster TOKYOでは、創薬・医療系のベンチャーや起業を目指す方々の支援を行ってきました。

今回のビジネスプラン発表会(オンライン開催)では、選抜プログラムにおいて支援を受けたチームによるビジネスプランの英語でのピッチを行います。

また、当日は ARCH Venture Partners のCo-founder, Managing Director であるキース・クランデル氏による基調講演もございます。 

・創薬・医療系ベンチャー企業に所属されている方

・将来ベンチャー起業を志す方

・ベンチャーへの投資をご検討の方

・創薬・医療系ベンチャーとの連携にご関心のある方

等、多くのにご参加頂けると幸いです。

次世代の創薬・医療系ベンチャーの活躍をご覧いただくとともに、創薬・医療系ベンチャーの事業内容を知り、投資や支援を行う機会に繋げていただければと思います。

ビジネスプラン発表会の概要

日程:2021年3月3日(水)

開催:13:00〜17:00(JST)

使用言語:英語(同時通訳あり)

当日スケジュール:

13:00∼13:05 開会・イベントの概要説明

13:10~13:50 キース・クランデル氏による基調講演

13:50~16:50 英語ピッチ発表(各チーム10分程度)

16:50~17:00 閉会の挨拶

Keith Crandell氏

登壇予定チーム

チーム名 事業概要
リベロセラ株式会社 膜タンパク質GPCRをターゲットにした創薬事業
ゲートエフェクト 分子インプリント高分子による血中薬剤濃度モニタリング用センサチップの開発
Nexuspiral株式会社 オリゴ核酸のみを用いた遺伝子編集技術をもとにした遺伝性希少疾患治療薬の創出
Veneno Technologies株式会社 イオンチャネルをターゲットにした高中分子ペプチド創薬
BRIファーマ 神経変性疾患の新規治療薬の開発、個別化診断事業
STAND Therapeutics株式会社 細胞内抗体STAND Technologyを用いた創薬開発事業
CrestecBio 虚血性脳卒中に対するレドックスナノ粒子治療薬の開発
KITASAN(from 北里大学) トリプルネガティブ乳がんに対する革新的治療方法の開発
OTS-probes 腫瘍由来循環DNAによる治療後モニタリングサービスの開発
株式会社ジョリーグッド VRとAIによるうつ病などの精神疾患を対象としたデジタル治療法の開発
株式会社Elixir Pharma サルコペニア治療剤の開発
アクシオンリサーチ株式会社 AIによる健康度と疾患リスク予測推定技術と情報プラットフォームの開発
株式会社ベスプラ 脳科学研究を基にしたMCI治療アプリの開発
Craif株式会社 尿中エクソソーム検出による高精度がん診断、創薬支援事業
セル マテリアルズ iPS細胞由来の骨補填材による再生医療材料の開発
匿名チーム(B) 難聴とギャップ結合をターゲットにした遺伝子治療および創薬事業

 

視聴方法:イベントページからお申込みください

お申し込みはこちら!

主催者:東京都

運営事務局:Beyond Next Ventures 株式会社

費用:無料

※公式ホームページにて、登壇チームのWebアクセスもしくは事業概要資料を掲載予定です。

※ライブ配信は、当日、公式 HP からご覧になれます。

【お問い合わせ】

Blockbuster TOKYO 運営事務局(Beyond Next Ventures株式会社内)
E-mail:info@blockbuster.tokyo
https://www.blockbuster.tokyo

*本記事はBeyond Next Ventures株式会社が運営する講座の会告です。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  2. ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!
  3. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・I…
  4. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  5. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  6. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  7. 有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PN…
  8. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  2. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  4. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  5. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  6. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  7. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  8. クラーク・スティル W. Clark Still
  9. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  10. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP