[スポンサーリンク]

一般的な話題

“研究者”人生ゲーム

 

誰もが一度はやったことがあるであろう人生ゲーム!!
実は、”研究者の”人生ゲームがあったのです!

その名も「幸福な研究人生に至る道」!!何ともキャッチーなネーミング!

 


理系白書の解説記事によると

ゲームの名前は「幸福な研究人生に至る道」。3~5人の参加者がサイコロを振ってボード上の駒を進めるすごろく方式。止まったところの「チャンス」 「学会」「資金」「プライベート」などのカードを引いて、資金や人脈、学内ポイントをため、手持ちの研究時間に応じて論文を投稿。チャンスがあれば助手か ら教授に昇進し、ゴールを目指す。

 特徴は、お金ではなく時間がゲームの鍵を握ることと、ゴールが一つではないこと。研究者にとって「お金」よりも大事な物は「時間」ということに少し納得してしまいます。ゴールは教育者型、悠々自適型、学内政治型、業績量産型 、組織研究型、業績卓越型など様々。?

製作元は「研究人生を楽しむ会」。なかなか、手の込んだゲームで頭が下がります。現在、彼らはこのゲームのビデオ版も製作中だそうです。

確かに、最近は仕事体験型のゲームも流行っているようですし、このゲームも中高生などがゲーム感覚でやってくれれば「研究者」という仕事を理解するための助けになると思います。制作者の熱い思いを感じることが出来ました。

個人的には非常に面白そうだなと思います。今後も目が離せませんね!!

The following two tabs change content below.
carbene

carbene

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻する…
  2. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  3. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  4. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  5. LEGO ゲーム アプローチ
  6. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  7. リンダウ会議に行ってきた①
  8. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  2. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  3. 錬金術博物館
  4. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  5. エノキサシン:Enoxacin
  6. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  7. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  8. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  9. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  10. デイヴィッド・リウ David R. Liu

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP