[スポンサーリンク]

一般的な話題

“研究者”人生ゲーム

 

誰もが一度はやったことがあるであろう人生ゲーム!!
実は、”研究者の”人生ゲームがあったのです!

その名も「幸福な研究人生に至る道」!!何ともキャッチーなネーミング!

 


理系白書の解説記事によると

ゲームの名前は「幸福な研究人生に至る道」。3~5人の参加者がサイコロを振ってボード上の駒を進めるすごろく方式。止まったところの「チャンス」 「学会」「資金」「プライベート」などのカードを引いて、資金や人脈、学内ポイントをため、手持ちの研究時間に応じて論文を投稿。チャンスがあれば助手か ら教授に昇進し、ゴールを目指す。

 特徴は、お金ではなく時間がゲームの鍵を握ることと、ゴールが一つではないこと。研究者にとって「お金」よりも大事な物は「時間」ということに少し納得してしまいます。ゴールは教育者型、悠々自適型、学内政治型、業績量産型 、組織研究型、業績卓越型など様々。?

製作元は「研究人生を楽しむ会」。なかなか、手の込んだゲームで頭が下がります。現在、彼らはこのゲームのビデオ版も製作中だそうです。

確かに、最近は仕事体験型のゲームも流行っているようですし、このゲームも中高生などがゲーム感覚でやってくれれば「研究者」という仕事を理解するための助けになると思います。制作者の熱い思いを感じることが出来ました。

個人的には非常に面白そうだなと思います。今後も目が離せませんね!!

The following two tabs change content below.
carbene

carbene

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たち
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)…
  3. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: …
  4. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  5. 孫悟飯のお仕事は?
  6. (+)-sieboldineの全合成
  7. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞201…
  8. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アジサイには毒がある
  2. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  3. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  4. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  5. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  6. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  7. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  8. スコット・ミラー Scott J. Miller
  9. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  10. ブレオマイシン /Bleomycin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP