[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

[スポンサーリンク]

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学部門に所属し、有機金属化学と均一触媒反応を研究しています。それでは、インタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

熱心で古風な化学の先生がいました。軌道についてはあまり気にしませんでしたが、鮮やかで考えさせる実験によってクラスを興奮させていました。興味をそそられて、自分でもいくつかの実験をしてみましたが、驚いたことにうまくいきました。先生の化学への愛情と献身は感動的なものでした。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

船長です。海が好きなのです。海はリラックスでき、挑戦的で、予測不可能なものです。化学が好きな時もあります。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

最善を尽くすことによってです。「低い障壁」の方針に向かうのではなく、変化をもたらすと信じられる問題に集中しましょう。流行やバズワードの影響を受けないようにしましょう。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

イスラエルの初代大統領、ハイム・ワイツマンです。先見の明のある化学者でもありました。彼は、科学と政治(または政治的手腕)の融合が実りをもたらした、希少事例の代表格でした。英国第一次世界大戦における彼の科学的貢献は、1917年のバルフォア宣言への道を開きました(「パレスチナにおけるユダヤ人のための国民的住居の設置を支持する陛下の政府見解」)。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

研究室でではありませんが、息子たちの誕生日を、化学的好奇心をみせつつ楽しくしようとしました。およそ10年前に中止されました(息子は結局化学者にはなりませんでした)。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ボート製造職人のマニュアルがいいです。もっとまじめな話、リヒャルト・ヴィウシュテッターの「From My Life」。1915年のノーベル賞受賞者による、思慮深く示唆に富む本です。お気に入りのCDは、ベートーベンの「交響曲第九番」です。

原文:Reactions – David Milstein

※このインタビューは2008年9月5日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pic…
  2. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授
  3. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授…
  4. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」…
  5. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  6. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  7. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  8. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬会社5年後の行方
  2. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る
  3. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正
  4. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018
  5. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  6. M.G.フィン M. G. Finn
  7. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  8. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  9. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  10. 研究室での英語【Part1】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP