[スポンサーリンク]


材料化学

  1. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

    ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉永宏佑さんにお願いしました。吉永さんは、東大工学部・相田研究室にて学士号を取得後、アメリカのPhD課程に進学されました。現在所属され…

  2. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  3. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  4. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する

    第261回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 総合文化研究科・正井宏 助教にお願いしました。…

  5. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授

    第88回の海外化学者インタビューは、Dongyuan Zhao教授です。復旦大学化学科に在籍し、マイ…

  6. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

  7. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

  8. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

  9. 第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

  10. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

  11. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

  12. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授

  13. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

  14. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授

  15. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授

  16. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【消臭リキ】マッチでトイレで消臭トライ 
  2. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  3. 有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン
  4. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  5. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  6. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

PAGE TOP