[スポンサーリンク]


科学コミュニケーション

  1. ちょっとキレイにサンプル撮影

    有機化学にはあまり馴染みがないかもしれませんが、無機化学や材料化学ではサンプルの写真や動画が直感的に大事なデータになってきます。しかし焦点が合っていなかったり色が変だったりする、もったいない写真や動画を見かけることがあります。そこで簡単にで…

  2. 科学系のLINEスタンプを使おう!!

    レオです。皆さんはLINE使っていますか?ほぼリアルタイムで簡単な会話ができる、非常に便利なコミュニ…

  3. 企業の研究を通して感じたこと

    大学を卒業して二年が経ち、企業の研究員として日々働いている筆者ですが、ふと大学の頃の研究とどのような…

  4. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!

    最近生物観察していますか?これまでケムステでも紹介してきたように生物は素晴らしい…

  5. 日本科学未来館

    JSTが運営する、お台場にある科学館。概要展示物をわかりやすく解説する科学コミュニケーション…

  6. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014

  7. サイエンスアゴラの魅力を聞く-「iCeMS」水町先生

  8. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

  9. 世界の中心で成果を叫んだもの

  10. TBSの「未来の起源」が熱い!

  11. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

  12. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  2. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  3. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  4. Rice cooker
  5. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業
  6. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  7. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

PAGE TOP