[スポンサーリンク]

化学地球儀

日本科学未来館

JSTが運営する、お台場にある科学館。

概要

展示物をわかりやすく解説する科学コミュニケーションに力を入れている。約1万枚の有機ELパネルを用いて宇宙から見た今の地球を表現したジオ・コスモスがシンボル。

毎年11月に開催されるサイエンスアゴラの会場になっており、ケムステも20132014年に出展している。

 

マップ

関連リンク

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、専門分野があいまいです。バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. 大久野島毒ガス資料館
  2. 萩反射炉
  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  4. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  5. フライデーハーバー研究所
  6. ノーベル街道起点
  7. Bergfriendhof (山の墓地)
  8. 石見銀山遺跡

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電話番号のように文献を探すーRefPapers
  2. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  3. ロンドン・サイエンスミュージアム
  4. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  5. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer
  7. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  8. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  9. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  10. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP