[スポンサーリンク]

化学地球儀

日本科学未来館

JSTが運営する、お台場にある科学館。

概要

展示物をわかりやすく解説する科学コミュニケーションに力を入れている。約1万枚の有機ELパネルを用いて宇宙から見た今の地球を表現したジオ・コスモスがシンボル。

毎年11月に開催されるサイエンスアゴラの会場になっており、ケムステも20132014年に出展している。

 

マップ

関連リンク

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、専門分野があいまいです。バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. イトムカ鉱山
  2. 錬金術博物館
  3. メンデレーエフスカヤ駅
  4. ストックホルム市庁舎
  5. 住友化学歴史資料館
  6. スクリプス研究所
  7. 多摩霊園
  8. Bergfriendhof (山の墓地)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  2. 大学入試のあれこれ ①
  3. 多摩霊園
  4. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  6. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  7. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  8. 原田 明 Akira Harada
  9. 比色法の化学(後編)
  10. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP