[スポンサーリンク]

化学地球儀

日本科学未来館

JSTが運営する、お台場にある科学館。

概要

展示物をわかりやすく解説する科学コミュニケーションに力を入れている。約1万枚の有機ELパネルを用いて宇宙から見た今の地球を表現したジオ・コスモスがシンボル。

毎年11月に開催されるサイエンスアゴラの会場になっており、ケムステも20132014年に出展している。

 

マップ

関連リンク

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、専門分野があいまいです。バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. フライデーハーバー研究所
  2. 韮崎大村美術館
  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  4. 韮山反射炉
  5. ストックホルム市庁舎
  6. ノーベル街道起点
  7. 高峰譲吉の墓
  8. 錬金術博物館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  2. ユニークな名前を持つ配位子
  3. 私が思う化学史上最大の成果-2
  4. 角田試薬
  5. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  7. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation
  8. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  9. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  10. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP