[スポンサーリンク]

ケムステしごと

太陽ホールディングスってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電子機器など、あらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板に欠かせないソルダーレジストで世界シェアトップクラスを誇る化学メーカーです。

エレクトロニクス製品の発展を支え、圧倒的シェアを誇る「ソルダーレジスト」

太陽ホールディングスグループは、エレクトロニクスの心臓部であるプリント配線板に使用されるソルダーレジストインキの世界シェアNo.1企業です。

現代社会の情報機器の高性能化とコンパクト化において、ソルダーレジストは、ますます重要なものになってきています。普段、目にする機会は少ないものですが、私たちの作り出す製品はエレクトロニクス業界において大変ニーズが高く汎用性があり、今後も多方面において幅広く発展する可能性を秘めています。また、次世代の化学材料の研究開発にも積極的に取り組んでいます。

「楽しい社会」の実現のため 様々な事業への挑戦

太陽ホールディングスグループでは、ソルダーレジストに次ぐ柱を創出すべく新規事業に挑戦しています。

これまで培った化学分野の知見を活かし、人類共通の課題である「医療・医薬」、「食糧」、「エネルギー」の分野に取り組んでいます。

医療医薬事業では、「化学品」をグローバルに製造販売しているノウハウを生かし、化学品に続く二本目の軸となるよう注力している事業です。現在では長期収載品の製造・販売権を持ち、国内の自社工場で医薬品の製造を行っています。

食糧事業では、今後の食糧危機や人口増加にいち早く着目し、土や太陽光を使わないベビーリーフやICTを使ったいちごの栽培に挑戦しています。

エネルギー事業では、水上太陽光発電を行い、国内全事業所の消費電力以上の再生可能エネルギーを発電しています。Appleより「生産を100%クリーンエネルギーで行う企業」として公表されています。

私たちは引き続き事業の芽を探し続け、世の中を楽しくするモノをグローバルに生み出す『総合化学企業』を目指していきます。

 

『自律型人材』を育む 働きやすい環境

研究開発拠点である嵐山ラボラトリーは、充実した分析装置、計測機器を備えた機能的でスピーディーな研究開発を可能にしています。

さらに作製した幅広い材料の信頼性評価まで一貫して自社内でできるのは大きな特徴です。必要な機能と動線を考慮し、コンパクトに配置することで研究効率の向上に繋げています。これにより今後大きな成長が期待される分野の研究開発にも積極的に取り組めるようになりました。

「楽しく働ける職場」を目指してオフィスには和室会議室の他、卓球台やゲーム機、サンドバックが設置され柔軟な発想が生まれる環境作りをしています。

また、壁のない明るく開放的なオフィスとすることで部署間の活発な交流を実現しています。

当社自慢の社員食堂では、都内有名店シェフのプロデュースにより地元食材を利用した美味しく健康的な食事を提供しています。昼食だけではなく、夜には社内の懇親会や顧客との会食の場所としても開放されており社内・社外問わず円滑なコミュニケーションを生む場となっています。

太陽ホールディングスグループの基本情報

会社名 太陽ホールディングス株式会社
本社所在地 東京都豊島区西池袋1丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル16階
事業所 【嵐山事業所】埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地

<国内関連会社>
太陽インキ製造株式会社
太陽ファインケミカル株式会社
太陽グリーンエナジー株式会社
太陽ファルマ株式会社
太陽ファルマテック株式会社
株式会社ファンリード

<海外関連会社>
中国、韓国、台湾、アメリカ等 11拠点

事業内容 持株会社、グループ全体の経営方針策定および経営管理
 設立/創立 1953年(昭和28年)9月29日
 資本金 94億9,984万円
 売上高 706臆2700万円(2020年3月期実績)
 従業員数 連結1,988名/単体112名(2020年3月末現在)
 ホームページ http://www.taiyo-hd.co.jp/jp/

太陽ホールディングス株式会社関連製品・研究情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. とある化学者の海外研究生活:イギリス編
  2. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  3. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  4. Actinophyllic Acidの全合成
  5. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  6. 5配位ケイ素間の結合
  7. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  8. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  2. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  3. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  4. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  5. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  6. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  7. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで
  8. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  9. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  10. 大学院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP