[スポンサーリンク]

ケムステしごと

太陽ホールディングスってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電子機器など、あらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板に欠かせないソルダーレジストで世界シェアトップクラスを誇る化学メーカーです。

エレクトロニクス製品の発展を支え、圧倒的シェアを誇る「ソルダーレジスト」

太陽ホールディングスグループは、エレクトロニクスの心臓部であるプリント配線板に使用されるソルダーレジストインキの世界シェアNo.1企業です。

現代社会の情報機器の高性能化とコンパクト化において、ソルダーレジストは、ますます重要なものになってきています。普段、目にする機会は少ないものですが、私たちの作り出す製品はエレクトロニクス業界において大変ニーズが高く汎用性があり、今後も多方面において幅広く発展する可能性を秘めています。また、次世代の化学材料の研究開発にも積極的に取り組んでいます。

「楽しい社会」の実現のため 様々な事業への挑戦

太陽ホールディングスグループでは、ソルダーレジストに次ぐ柱を創出すべく新規事業に挑戦しています。

これまで培った化学分野の知見を活かし、人類共通の課題である「医療・医薬」、「食糧」、「エネルギー」の分野に取り組んでいます。

医療医薬事業では、「化学品」をグローバルに製造販売しているノウハウを生かし、化学品に続く二本目の軸となるよう注力している事業です。現在では長期収載品の製造・販売権を持ち、国内の自社工場で医薬品の製造を行っています。

食糧事業では、今後の食糧危機や人口増加にいち早く着目し、土や太陽光を使わないベビーリーフやICTを使ったいちごの栽培に挑戦しています。

エネルギー事業では、水上太陽光発電を行い、国内全事業所の消費電力以上の再生可能エネルギーを発電しています。Appleより「生産を100%クリーンエネルギーで行う企業」として公表されています。

私たちは引き続き事業の芽を探し続け、世の中を楽しくするモノをグローバルに生み出す『総合化学企業』を目指していきます。

 

『自律型人材』を育む 働きやすい環境

研究開発拠点である嵐山ラボラトリーは、充実した分析装置、計測機器を備えた機能的でスピーディーな研究開発を可能にしています。

さらに作製した幅広い材料の信頼性評価まで一貫して自社内でできるのは大きな特徴です。必要な機能と動線を考慮し、コンパクトに配置することで研究効率の向上に繋げています。これにより今後大きな成長が期待される分野の研究開発にも積極的に取り組めるようになりました。

「楽しく働ける職場」を目指してオフィスには和室会議室の他、卓球台やゲーム機、サンドバックが設置され柔軟な発想が生まれる環境作りをしています。

また、壁のない明るく開放的なオフィスとすることで部署間の活発な交流を実現しています。

当社自慢の社員食堂では、都内有名店シェフのプロデュースにより地元食材を利用した美味しく健康的な食事を提供しています。昼食だけではなく、夜には社内の懇親会や顧客との会食の場所としても開放されており社内・社外問わず円滑なコミュニケーションを生む場となっています。

太陽ホールディングスグループの基本情報

会社名 太陽ホールディングス株式会社
本社所在地 東京都豊島区西池袋1丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル16階
事業所 【嵐山事業所】埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地

<国内関連会社>
太陽インキ製造株式会社
太陽ファインケミカル株式会社
太陽グリーンエナジー株式会社
太陽ファルマ株式会社
太陽ファルマテック株式会社
株式会社ファンリード

<海外関連会社>
中国、韓国、台湾、アメリカ等 11拠点

事業内容 持株会社、グループ全体の経営方針策定および経営管理
 設立/創立 1953年(昭和28年)9月29日
 資本金 93億3,191万円
 売上高 706臆2700万円(2020年3月期実績)
 従業員数 連結1988名/国内1125名(2020年3月末現在)
 ホームページ http://www.taiyo-hd.co.jp/jp/

太陽ホールディングス株式会社関連製品・研究情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  3. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  4. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  5. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック…
  6. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる
  7. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  8. ChemDrawの使い方 【基本機能編】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  2. 医薬品の品質管理ーChemical Times特集より
  3. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  4. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  5. フルエッギン Flueggine
  6. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  7. 科研費の審査員を経験して
  8. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  9. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  10. 可視光によるC–Sクロスカップリング

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP