[スポンサーリンク]

ケムステしごと

太陽ホールディングスってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電子機器など、あらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板に欠かせないソルダーレジストで世界シェアトップクラスを誇る化学メーカーです。

エレクトロニクス製品の発展を支え、圧倒的シェアを誇る「ソルダーレジスト」

太陽ホールディングスグループは、エレクトロニクスの心臓部であるプリント配線板に使用されるソルダーレジストインキの世界シェアNo.1企業です。

現代社会の情報機器の高性能化とコンパクト化において、ソルダーレジストは、ますます重要なものになってきています。普段、目にする機会は少ないものですが、私たちの作り出す製品はエレクトロニクス業界において大変ニーズが高く汎用性があり、今後も多方面において幅広く発展する可能性を秘めています。また、次世代の化学材料の研究開発にも積極的に取り組んでいます。

「楽しい社会」の実現のため 様々な事業への挑戦

太陽ホールディングスグループでは、ソルダーレジストに次ぐ柱を創出すべく新規事業に挑戦しています。

これまで培った化学分野の知見を活かし、人類共通の課題である「医療・医薬」、「食糧」、「エネルギー」の分野に取り組んでいます。

医療医薬事業では、「化学品」をグローバルに製造販売しているノウハウを生かし、化学品に続く二本目の軸となるよう注力している事業です。現在では長期収載品の製造・販売権を持ち、国内の自社工場で医薬品の製造を行っています。

食糧事業では、今後の食糧危機や人口増加にいち早く着目し、土や太陽光を使わないベビーリーフやICTを使ったいちごの栽培に挑戦しています。

エネルギー事業では、水上太陽光発電を行い、国内全事業所の消費電力以上の再生可能エネルギーを発電しています。Appleより「生産を100%クリーンエネルギーで行う企業」として公表されています。

私たちは引き続き事業の芽を探し続け、世の中を楽しくするモノをグローバルに生み出す『総合化学企業』を目指していきます。

 

『自律型人材』を育む 働きやすい環境

研究開発拠点である嵐山ラボラトリーは、充実した分析装置、計測機器を備えた機能的でスピーディーな研究開発を可能にしています。

さらに作製した幅広い材料の信頼性評価まで一貫して自社内でできるのは大きな特徴です。必要な機能と動線を考慮し、コンパクトに配置することで研究効率の向上に繋げています。これにより今後大きな成長が期待される分野の研究開発にも積極的に取り組めるようになりました。

「楽しく働ける職場」を目指してオフィスには和室会議室の他、卓球台やゲーム機、サンドバックが設置され柔軟な発想が生まれる環境作りをしています。

また、壁のない明るく開放的なオフィスとすることで部署間の活発な交流を実現しています。

当社自慢の社員食堂では、都内有名店シェフのプロデュースにより地元食材を利用した美味しく健康的な食事を提供しています。昼食だけではなく、夜には社内の懇親会や顧客との会食の場所としても開放されており社内・社外問わず円滑なコミュニケーションを生む場となっています。

太陽ホールディングスグループの基本情報

会社名 太陽ホールディングス株式会社
本社所在地 東京都豊島区西池袋1丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル16階
事業所 【嵐山事業所】埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地

<国内関連会社>
太陽インキ製造株式会社
太陽ファインケミカル株式会社
太陽グリーンエナジー株式会社
太陽ファルマ株式会社
太陽ファルマテック株式会社
株式会社ファンリード

<海外関連会社>
中国、韓国、台湾、アメリカ等 11拠点

事業内容 持株会社、グループ全体の経営方針策定および経営管理
 設立/創立 1953年(昭和28年)9月29日
 資本金 93億3,191万円
 売上高 706臆2700万円(2020年3月期実績)
 従業員数 連結1988名/国内1125名(2020年3月末現在)
 ホームページ http://www.taiyo-hd.co.jp/jp/

太陽ホールディングス株式会社関連製品・研究情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?
  2. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  3. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  4. 最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!
  5. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  6. START your chemi-storyー日産化学工業会社説…
  7. クロスカップリングの研究年表
  8. 最強の文献管理ソフトはこれだ!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ギンコライド ginkgolide
  2. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』
  3. アライン種の新しい発生法
  4. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  5. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  6. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  7. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  8. ペプチドの革新的合成
  9. イリジウム錯体:Iridium-complex
  10. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP